選手生活にひと区切り


ウエイト制重量級2連覇という戦績を引っさげて第9回世界大会に出場した久野浄英。
ドナタスとの激闘を最後に実家へ帰り選手生活に区切りを付けるという彼に東京を離れる直前の駅でインタビューした。

http://www.shinkyokushinkai.co.jp/journal/cn3/pg41.html

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0