インドネシア支部 サマーキャンプ


インドネシア支部 サマーキャンプ日時:2012年9月8日、9日
場所:インドネシア、ジャカルタ
主催:WKOインドネシア支部(JBスジョト支部長)

9月8日、9日の両日、ジャカルタ・アンコール湾・ビーチリゾートにて、インドネシア支部のサマーキャンプが行われ、インドネシア全土およびマレーシア、タイから総勢120名が参加しました。

特別ゲスト指導員として、第10回世界大会男子チャンピオンの塚本徳臣支部長、ならびに女子チャンピオンの将口恵美選手が中心となって稽古を指導、静岡西支部の永島支部長も、駐在先のタイから駆け付け指導に加わっていただき、セミナーは非常にすばらしいものとなりました。
チャンピオン直伝の数々の組手テクニックに生徒たちは夢中で取り組み、2日間は短すぎると感じるほどの充実した内容でした。このようなゲスト指導員をお迎えしてのイベントをまた是非インドネシアで行いたいと思います。

Indonesia Branch Summer Camp

Date: 8th to 9th September, 2012
Place: Jakarta, Indonesia
Organizer: WKO Indonesia Branch (WKO Asia President Shihan JB Sujoto )

From September 8 to September 9, Indonesia Shinkyokushin held a National Summer Camp in Jakarta Ancol Bay Beach Resort, Indonesia.

120 students participated in this event from all Indonesian regions.

Thanks to Sensei Nagashima Fumiaki specially flown from Thailand to participate and share his experience. And also Thanks to Sensei Chung Kin Meng Branch Chief Malaysia to brings 10 of his students to participate and support Indonesia Shinkyokushin.

Training sessions were led by specially invited instructor from Japan, Both The 10th World Championship champion, Mr. Norichika Tsukamoto and Ms. Emi Shoguchi.
The Seminar was carried out with big success. Sensei Tsukamoto and Sensei Shoguchi showed many kumite technique and all students were very satisfied. Two days seminar feels too short with the World champions’ instructors. Many students very keen to learn more from them. Perhaps more guest instructors can come to Indonesia in future.


kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0