長崎支部 加藤心 初段昇段レポート(2016年11月5日)


長崎支部 加藤心 初段昇段レポート(2016年11月5日)この度は、昇段審査の機会を与えていただくと共に、昇段をお許しくださった山田師範に深く感謝申し上げます。

私が空手を始めたのは、六歳の時でした。
道場の見学に行き、幼稚園生だった私は、何も分からぬまま父と一緒に入門しました。

小学生の頃は、道場で小学生の友達と一緒に遊ぶ事が楽しく道場に通っていましたが、中学生になると、徐々に稽古や昇級の厳しさに痛感し、道場に通うのが嫌になる事もありましたが、父の昇段審査で厳しい十人組手を見て、心を打つものがありました。

終わった後に「お前も必ず取れよ」と父に言われ、自分も必ず黒帯を締めるぞと心に誓いました。
高校に入学して、クラブは新極真部に入部し、空手に集中して取り組み、大会でも徐々に結果を残す事ができるようになりました。

三年生ではキャプテンになることができ、後輩の指導を通して改めて、空手の奥深さを知ることができました。
三年生の二学期に、山田師範に昇段のお話をいただき、「押忍」と言ったものの、余り実感がわきませんでしたが、受けるからには絶対に黒帯を取ってやるという気持ちで、昇段審査に向けて型やサーキットを頑張って練習しました。

審査当日はプレッシャーで緊張していましたが、十人組手の直前、父から「絶対に諦めるな」と励まされ、何とか九人目まで進むことができ、十人目は父でしたが全力を出して父にぶつかり、無事達成する事ができました。

最後に、いつも暖かく指導して下さる山田師範、長年一緒に通ってくれた父、先輩方、一緒に稽古に励んでくれた道場の仲間たち、応援してくださった皆様に心よりお礼申し上げます。
黒帯を取る事ができた今、これからは誇りをもって頑張っていきたいと思います。

本当にありがとうございました。押忍

dsc_0064

長崎支部
支部長/責任者:山田政彦
連絡先住所:長崎県諫早市川内町173-5
電話番号:0957-24-1323
長崎支部ホームページ