和歌山支部 福竹良太朗 初段昇段レポート(2016年12月4日)


和歌山支部 福竹良太朗 初段昇段レポート(2016年12月4日)この度は、昇段審査の許可を頂き誠にありがとうございます。

僕が空手を始めたきっかけは、小学校に入る前に、大阪阪南道場で空手を習っていた友達が体験入門に誘ってくれ、その体験に行ったところすごく楽しかったので、その日の内に入門しました。

大阪阪南道場では礼儀や礼節、粘り強さやあきらめない気持ちなど色々教わりました。
そのおかげでここまでこれたのだと思います。

入門して半年位経った頃、初めて試合に出場し、その時は体重判定で負けてしまいました。
その次の試合で僕は技ありですぐに負けてしまい、その時初めて悔しいと思ったことを今でも覚えています。

その時から必死で練習しました。
はじめはよく親に怒られたり、すごく苦しくてやめようかと思ったときもありましたが、あきらめずに練習をしていると成果も出てきて、2年目に初めて試合で優勝することが出来ました。
その時には嬉しかったし、やってきてよかったと思いました。

中学に上がると同時に和歌山支部に移籍し、そこでたくさんの人と出会いました。
和歌山支部に来て一気に組手、型、基本がすごく向上しました。

今回黒帯の審査を受けることが出来、10人組手も何とか達成し、今まで出来なかった型もこなすことが出来ました。
これも黒岡師範、中村健斗指導員を初めとする市民体育館の先輩達、阪南道場で指導をしてくれた岸田先生、支えてくれた仲間達、保護者の皆様のおかげだと思っています。

黒帯になったことで達成されたのではなく、ここからが真のスタートだと思う気持ちを持ち、今まで以上に気持ちを引き締めて頑張っていくつもりです。

これからも宜しく御願いします。押忍

image1

和歌山支部
支部長/責任者:黒岡八寿裕
連絡先住所:640-8302 和歌山県和歌山市井辺437-21
電話番号: 073-400-6989
和歌山支部ホームページ