山口中央支部 野田祥巧 初段昇段レポート(2017年1月29日)


山口中央支部 野田祥巧 初段昇段レポート(2017年1月29日)この度は、昇段審査の機会を与えていただき誠にありがとうございました。

僕が空手を習いだしたのは、保育園年中の時です。

最初は友達の影響で入門しました。
当初は普通の習い事として空手をしていましたが、小学3年生頃から試合に出てみたいと思い、3つ下の妹と一生懸命練習に励みました。
そして地元の大会で2位になり初めて入賞をしたので、とても嬉しかったです。

それからは徐々に色々な大会で優勝するようになった頃、中学生になる前に全治6ヶ月の大きな怪我をし、全く練習ができない時期がありました
どんどん弱くなる自分がいやで、いつか復帰して、また大会で活躍できるようになりたい気持ちで頑張ってきました。 

去年の高校1年生の夏、ずっと目標にしてきたドリームフェステバルで三位入賞することができました 
その時1番思ったことは、ここまで大きくしてくれた両親、そして御手洗支部長、いつも側で励ましたくれた妹。応援してくれた道場の仲間への感謝の気持ちでした、

黒帯になっても人への感謝の気持ちを忘れず、一つ一つ目標を達成し、次こそは優勝目指して頑張りたいと思います。

御手洗支部長、先輩方、道場の皆さん、これからも宜しくお願いします。

山口中央支部
支部長/責任者:御手洗俊行
連絡先住所:山口県宇部市笹山町1-2-10
電話番号: 0836-31-2009
http://www.hajimail.jp/karate/sks_yamaguchi/