東京城南川崎支部 楠生剛 弐段昇段レポート(2017年3月5日)


東京城南川崎支部 楠生剛 弐段昇段レポート(2017年3月5日)この度は、昇段のお許しを頂き誠にありがとうございました。

5年前に就職で大阪北支部から城南川崎支部に移籍することになり、不安だらけでしたが、入来師範や柏木先生をはじめたくさんの人達に優しく接して頂き、空手を楽しく続ける事が出来ました。

沢山の応援のおかげで、全日本大会や海外での試合に出場することもできました。

昇段審査のお許しを聞いた時に、自分にはまだ早いのではと思いましたが、たくさんの人からの励ましもあり受けることを決めました。

審査を受けるからにはしっかりと準備をしないといけないと思い、すべての稽古をいつも以上に全力で行いました。

特に移動稽古や型は細かい所が出来ておらず、一つ一つの細かい動作の動きの練習を繰り返し、改めて空手の奥深さを知る事が出来ました。

審査当日は、試合とはまた違った雰囲気で緊張もありました。
基本稽古から体が力んでしまい、移動稽古でも動きのキレが全くなくて納得がいきませんでした。
情けない限りです。

10人組手となり、心身ともにきつくて、気持ちが折れそうになりましたが、応援や励ましの声が聞こえて奮起する事が出来ました。

10人目の山田師範は自分が小学生の時から指導して頂いていたため、感慨深いものがありました。
弐段昇段で自分の名前が呼ばれたときは、ほっとしました。

弐段になってからは、段位に恥じぬように空手に精進していく所存であります。

最後になりますが、今回昇段の機会を与えてくださった入来師範、いつも道場でサポートして下さる柏木先生、応援して下さった先輩や後輩の皆様、ありがとうございました。押忍

東京城南川崎支部
支部長/責任者:入来武久
連絡先住所:神奈川県川崎市中原区宮内2-1-10
電話番号:044-766-1555
東京城南川崎支部ホームページ