「あったか祭り」演武レポート(福島支部)


「あったか祭り」演武レポート(福島支部)けんしん鏡石支店「あったか祭り」が10月7日(土)に開催され、今年も保護者様のご好意でお誘い頂き、三瓶道場白河分支部から小学生を中心に18名で参加させて頂きました。

当初、前日から降り続く雨が心配でしたが、演武が始まる頃には止んで、イベント会場に人が次々と集まって来ました。
演武は基本稽古から試割りまでを披露させて頂きました。

日頃、空手の稽古を目にする機会が無い方が多いと考え、基本・移動・受け返しの繋がりを踏まえて順に披露する形で、まず全員で基本稽古の正拳・裏拳・手刀・受け・蹴りを行いました。

続いては、基本で覚えた事を移動の中で行う、移動稽古を披露させて頂きした。
まだ移動稽古を披露出来る段階に無い白帯は、正拳突きに合わせて気合の入った声を披露し、色帯に引けを取らない素晴らしい気合を見せてくれました。

次にオレンジ帯・青帯が前屈立ちによる移動を披露しました。
普段稽古している環境と違った足元であったり、前後左右のスペースが狭かったり、そんな中でも各々が足元・周りとの距離感を意識し、自分達で動きを調整し、移動稽古をしっかり披露してくれました。

そして、移動稽古の最後は黄色帯二人が後屈立ちの移動、騎馬立ちをしっかり披露し、日頃の稽古の成果を見せてくれました。

その後は、基本・移動で稽古した事を対人で行う受け返しを、色帯ごとに披露させて頂きましたが普段より動きが小さく、もしかすると目の前の相手より観客に意識が行ってしまい、緊張してしまったのかもしれません。

最後、日頃の稽古で培った技を試割りで発揮してもらいました。
大岩優斗8級・小林陽向6級による正拳中段突き、船渡陽花6級による中段回し蹴り、小林裕花3級による踵落など、どれも見事に決まり会場が拍手で沸きました。

今回、滝嶋先生から企画・指揮を任せて頂き、自分なりに用意をしたつもりでした。
しかし行き届いていない所が複数あり、滝嶋先生・斎須さん・袴塚さん・参加してくれた道場生に助けられながら、なんとか無事にやりきる事が出来ました。

そして、演武を企画・指揮する際、行うことや順番決めた後、具体的にイメージし、行き届いていない所が無いか検証する作業が必要だった事を学びました。
(野崎秀寿)

10月7日に開さいされた「けんしん鏡石支店 あったか祭り」に三瓶道場白河分支部の少年部を中心とした道場生で、演武をひろうしました。

「けんしん鏡石支店あったか祭り」では朝からあまり天候が良くなく心配でしたが、消炎部と道場生が野崎先輩の号令の下、基本稽古で元気いっぱいな姿を見せてオープニングをかざりました。

今回の「けんしん鏡石支店 あったか祭り」で、私は板割りに挑戦しました。
初めてなので割れるか心配でしたが、無事割ることができました。

私はまわしげりで割りました。
足がとても痛かったけど、われたので良かったです。

その他にも、きば立ちではきんちょうしすぎて足をまちがえてしまったけど、基本稽古ではしっかりとできたので良かったです。

演武が終わった後は「あったか祭り」ではポップコーンや焼き鳥やおもちを食べました。
最後のビンゴ大会では、もう少しで景品がなくなる時に当たりました。
中身はせんべいでした。
とても楽しかったです。(船渡陽花・中学1年)

福島支部
支部長/責任者:三瓶啓二
連絡先住所:福島県福島市森合字日向山8-7
電話番号:0245-31-5452
福島支部ホームページ