愛知山本道場 福井真弓 弐段昇段レポート(2018年4月8日)


愛知山本道場 福井真弓 弐段昇段レポート(2018年4月8日)この度は、弐段昇段審査を受ける機会を与えていただきまた昇段のお許しを頂き誠にありがとうございます。

私が空手をはじめたのは、2007年の27歳の時でした。
空手をはじめた当初は子供たちも小さく、週に一回の稽古が精一杯でしたが、子育てをしながらも打ち込める空手がとても楽しく、すぐに夢中になりました。

2007年の初段の審査を受けるまでは、子供が大きくなるにつれ、子供たち3人も空手をはじめ、稽古量も少しずつ増やし、必死で頑張りました。

でも黒帯になってからというもの、惰性でなんとなく稽古することが増えました。

しかし、今から4年前に、ドリームカップに出てみたいという気持ちが芽生え挑戦しました。
もちろんそんなに簡単に勝てるわけはなく、一回戦負けでした。

くやしさから稽古量を増やしました。
もちろん試合に向けてですが、せっかく頑張っているのだからと弐段も目指すことにしました。

でも弐段を受けるとなるとまた、試合に向けての稽古と並行して型などもやりこまなくてはならず、たくさんの人に見ていただき細かく注意して頂き、挑戦することができました。

当日もたくさんの声援を頂き、20人組手も最後までやりきることができました。

いつも細かくしっかりと指導していただける高田師範代のおかげで、緊張しながらもいつもと同じようにできたと思います。

そしてたくさんの指導員、一緒に稽古している仲間のおかげで乗り切れたと思います。
今後も自分自身努力して、さらに上を目指しながらまたみんなのサポートもできたらと思います。

愛知山本道場
支部長/責任者:山本健策
連絡先住所:愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通8丁目30番地
村上ビル3F
電話番号:052-842-4102
愛知山本道場ホームページ