宮崎中央道場 野邑心菜 初段昇段レポート(2018年12月16日)


宮崎中央道場 野邑心菜 初段昇段レポート(2018年12月16日)この度は、昇段審査を受けさせていただき、そして昇段のお許しをいただき誠にありがとうございます。

このような機会を与えて下さった鳥原師範、ありがとうございました。

私が空手を始めたのは4歳の時です。
先に習っていた兄の影響で、兄に負けたくないと思い空手を始めました。

今では、空手を通じ沢山のことを学び、そして経験させていただいて感謝しています。

昇段審査を受けるにあたり、鳥原師範をはじめ、家族や宮崎中央道場の一般部の皆さんには、沢山サポートしていただき諦めずに頑張ることが出来ました。

審査当日は、緊張もあり、思い通りにならないことが多く、基本、補強、移動、型、10人組手と想像してた以上にきついものでした。

しかし、一緒に昇段審査を受けた兄や道場生や保護者の皆さんなどたくさんの方々の声援や支えが力となり10人組手まで成し遂げることができ、昇段することができました。

これからは、黒帯としてのスタートラインに立ち、自覚をもって尊敬されるような選手、指導者を目指して頑張っていきます。

最後になりましたが、御指導していただいた鳥原師範や先輩方、一緒に稽古してくださった皆さん、そして10人組手の相手をして下さった一般部の皆さんありがとうございました。

これからもよろしくお願いいたします。押忍

※こちらで掲載している昇級者氏名は、支部道場より頂いた昇級者データを参照しています。
宮崎中央道場情報はこちらよりご確認下さい。

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0