和歌山支部 野口陸 初段昇段レポート(2019年3月10日)


和歌山支部 野口陸 初段昇段レポート(2019年3月10日)この度は、昇段審査を受けさせていただきありがとうございました。

僕が空手を始めたきっかけは、同級生が空手をやっていて見学に行かせてもらい、楽しそう、やってみたいなと思い体験を経て入門させていただきました。
初めの頃は大会で勝つことができずとても悔しかったです。

しかし黒岡師範や指導員の先生に「その悔しさをバネに」との言葉をいただきました。
僕はこの悔しさをバネに自主練をし、常に目標を高く持ち取り組みました。

すると大会で徐々に勝つことができるようになりました。
そして優勝という目標にたどり着くことが出来ました。

小学校四年生の時、膝を痛めました。
この時、家族は見守り応援してくれました。

復帰戦では自分の思っていた以上の結果が出せて嬉しかったことを覚えています。
周りの人の支えが僕を良い方向へ導いてくれたのだと思います。

人は自分一人では成長することは出来ないということが、空手を通じて強く感じました。
組手では当たり前の事ですが相手がいないと成り立ちません。
今まで組手をして下さった方々には感謝をしています。

型では沢山の先生方が指導していただきました。
特に黒岡師範から満点に近いがあとは自分の味を出すことが必要と言っていただけた時は嬉しく、自信につながったことを今でもはっきり覚えています。

最後になりましたが、黒岡師範をはじめ、分支部の先生方、道場の皆さん、保護者の皆様、本当にありがとうございました。

これからも頑張りますので宜しくお願いします。押忍

※和歌山支部情報はこちらよりご確認下さい。

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0