愛媛支部 三上汰明 初段昇段レポート(2019年9月26日)


愛媛支部 三上汰明 初段昇段レポート(2019年9月26日)この度は、昇段審査のお許しを与えて頂きありがとうございました。
私が空手を始めたのは二歳の頃で、物心ついた時には空手をしていました。

そして他流派で九年間稽古を積み、新極真会三好道場に移籍させていただきました。
愛媛支部の体験に行った時、稽古に取り組む姿勢が真剣で、空手が大好きで、強くなりたいという気持ちが皆から伝わってきました。

道場での稽古はとても厳しくきついものですが、兄や先輩、後輩の頑張る姿を見ていつも乗り越えることができています。
審査当日、基本稽古や移動稽古、型がいつも以上にしんどく感じ、そして最後の難関十人組手が始まりました。

十人組手は予想以上にしんどく、稽古では出せている動きや技が出せませんでした。
お腹や足を効かされて立つのもやっとの状態だった時、先輩や後輩、家族からの「頑張れ」という声援が聞こえて、立っているのもやっとの状態ではありましたが、無事十人組手を終えることができました。

自分が挫けそうな時、応援してくれた方々には本当に感謝しかありません。
自分の未熟さに気づく昇段審査でした。

今回、このような機会を与えてくださった三好師範、いつも丁寧に指導してくださる野本師範代、谷師範代、伊藤先輩、同学年の優勝、後輩の枡鏡、応援してくださった保護者の皆様、そしていつも支えてくれる家族のみんな、心から感謝しています。

まだまだ未熟な私でありますが、立派な黒帯になりたいと思います。押忍

※愛媛支部の情報はこちらよりご確認下さい。


kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0