全日本大会アンチ・ドーピングについて


全日本大会アンチ・ドーピングについて全日本大会はドーピング検査の対象大会となり、出場選手の皆様は自身で服用している風邪薬や漢方薬、サプリメントなどにも注意が必要です。
身体に摂り入れるものには責任を持ち、薬に関する正確な情報を得て、禁止物質や禁止方法を使わないよう心がけて大会に臨んで下さい。
薬に関する情報はJADAのホームページで確認できます。
また、最新の空手LIFE(2017年11-12月号/P.87)にも詳細が記載されていますので合わせて参照して下さい。

服用は自己責任となりますので、薬の正確な情報確認からすでに試合が始まっていると思って大会に臨むようお願いします。

アンチ・ドーピング委員長 内藤隆富

第49回全日本空手道選手権大会はスポーツ振興基金助成事業です