ヨーロッパ地区・黒帯&審判セミナー2020


ヨーロッパ地区・黒帯&審判セミナー2020日付:2020年3月6〜8日
場所:スタラ・ビエシ、ポーランド
主催:EKO(ヨーロッパ地区)&PFKS(ポーランド支部)

3月6日から8日にかけて、ポーランドでヨーロッパ地区黒帯&審判セミナーが開催されました。
主催はEKOとPFKS(ポーランド空手連盟新極真会)、セミナーの内容はデンマークのヤン・ビューローEKO技術委員長が監修を行い、審判講習はスウェーデンのミカエル・ソデルクヴィスト師範が指導に当たりました。ブライアン・フィトキン師範とハワード・コリンズ師範による理論セッションでは、型の学習に多くの時間を割き、型の技術、力、速さ、そしてそれらの精度向上と大会への準備について学びました。また、ミカエル・ソデルクヴィスト師範から、極真の歴史と昇段審査に関する非常に興味深い講義も聞くことができました。
二日目には、審判の知識と技量の標準化と向上を目的とする講習会を行いました。14カ国(オーストリア、ベルギー、デンマーク、ドイツ、イギリス、ハンガリー、リトアニア、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ルーマニア、スウェーデン、スイス、ウクライナ)から200名が日本格闘技センター、スタラ・ビエシ道場に集い、さよならパーティまで含めたイベント期間中、素晴らしい雰囲気を楽しみました。

European Black Belt Seminar & Referee Course 2020

Date: March 6-8, 2020
Place: Stara Wies, Poland
Organizer: EKO (WKO Europe Region) & PFKS (WKO Poland Branch)

On March 6-8, the European Black Belt Seminar and Referee Course was held in Poland. The seminar and course was organized by the EKO and PFKS (Polsih Karate Federation Shinkyokushinkai).
The seminar program was prepared by the EKO Technical Committee Chairman Jan Bulow from Denmark. The referee course was conducted by Shihan Michael Soderkvist from Sweden.
There were theoretical sessions where a lot of time was devoted to Kata, especially the technique, strength, and speed, and improving the execution of them, and preparation for competitions led by Shihan Brian Fitkin and Shihan Howard Collins. A very interesting lecture was led by Shihan Michael Soderkvist, about the history of Kyokushin and exams for grades.
On the second day, a course was held to standardize and improve the knowledge and skills of the referees.
200 people from 14 countries came to the center of Japanese Martial Arts, Dojo Stara Wies: Austria, Belgium, Denmark, Germany, Great Britain, Hungary, Lithuania, the Netherlands, Norway, Poland, Romania, Sweden, Switzerland, and Ukraine.
The participants enjoyed the great atmosphere during the series of events, including the Sayonara Party.

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0