平安そのIV


01 02 03
1:位置につき、主審の「平安そのIV」 2:「よーい」の合図で目の前で十字を切る 3:「はじめ」の合図で型がスタートする

04 05 06
4:左を向き、後屈立ちになり、右引き手の上に左縦拳を重ねる 5:腕を線のように移動し、左上段背手受け、右上段手刀受け 6:右まわりに反転し、右後屈立ちになり、左引き手の上に右縦拳を重ねる

07 08 09
7:腕を線のように移動し、右上段背手受け、左上段手刀受け 8:左足を正面に踏み込み、左前屈立ち。腕は耳のあたりで十字に構える(左腕が外、右腕が内) 9:体の正面で十字受け。相手の前蹴りを受ける

10 11 12
10:右足を一歩前に出し、右前屈立ち 11:左拳を右腕のヒジにつけて右腕を支えながら、右中段双手受け 12:正面に向いたまま、左足を右足に引きよせて鶴足立ちになりながら、左引き手の上に左縦拳を重ねる。次の動作に移る直前に目線は自分の左側の相手を見る

13 14 15
13:左裏券と左足刀で、相手を攻撃する足は顔の高さまで上げる 14:左腕はそのままの位置で指先を伸ばし、蹴り足を下ろし左前屈立ちに 15:右上段ヒジ打ちで追撃。ヒジ打ちは掌に当てる

16 17 18
16:正面を向いたまま、右足を左足に引きよせて鶴足立ちになりながら、右引き手の上に左縦拳を重ねる。次の動作に移る直前に目線は自分の右側の相手を見る。 17:右裏券と右足刀で、相手を攻撃する 18:右腕はそのままの位置で指先をのばし、蹴り足を下ろす。右前屈立ちになりながら(下段右へ)

19 20 21
19:左上段ヒジ打ちで追撃する 20:右腕を耳の後ろに持っていきながら、左腕を開き、掌底で自分の左側にいる相手をけん制する 21:左前屈立ちになると同時に、左手は自分の額に引いて上段手刀受け。右手は手刀顔面打ち

22 23 24
22:右上段前蹴り 23:一歩前に踏み込むように蹴り足を下ろしながら、左手は正面の相手の攻撃をつかんで引き込むように下ろし、引いていく。その際、右手は左手よりも内側を通る 24:かけ足立ちになり、右裏拳。裏拳で顔面を狙うイメージ

25 26
25:右まわりに反転。左ナナメ45度を向きながら左足を踏み出し、左前屈立ち 26:同時に、胸の前で十字を切る。十字を切る時は、前足になっているほうの腕が外、後ろ足になっているほうの腕が内になる

27 28
27:右上段前蹴り 28:右拳でけん制

29 30
29:左中段逆突き 30:右中段追い突きで、左ナナメ45度の相手を倒す

31 32
31:左足を軸に右足を移動し右ナナメ45度を向き、右前屈立ち 32:胸の前で十字を切り

33 34
33:左上段前蹴り 34:左拳でけん制

35 36
35:右中段逆突き 36:左中段追い突きで、右ナナメ45度の相手を倒す

37 38
37:左足を移動し正面を向き、右引き手に左縦拳を重ねる 38:左前屈立ちになりながら、左中段双手受け

39 40
39:右足を一歩前に踏み出し腕を引き 40:右前屈立ちになりながら、右中段双手受け

41 42
41:左足を一歩前に踏み出し腕を引き 42:左前屈立ちになりながら、左中段双手受け

43 44
43:両手を上に上げて 44:相手の頭をかかえ、または相手の髪をつかんで(実際は手は開いたまま)引き下ろし、右ヒザ蹴り

45 46 47
45:蹴り足を下ろして左まわりに反転し、左後屈立ちになりながら、手を耳の後ろからまわしていき 46:左手刀廻し受け。手をまわす時は、受けの手が内側、水月をカバーする手が外側を通るようにする 47:右足を一歩前に進め、後屈立ちになりながら

48 49 shiro
48:右手刀廻し受け 49:右足を引いて、不動立ちになり、十字を切る

50

 

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0