新極真会の基本から一部を抜粋して紹介します。「空手の命は組手にあり、組手の命は基本にあり」基本稽古は空手を習う上で、すべての土台になるものです。三戦立ちなど指定された立ち方から突きや蹴りを行ないます。左右対称の軸運動で、バランスよく合理的な体の動かし方を覚えましょう。気合いは大きな声で、手を抜かずに取り組むことが大切です。

三戦立ち

sansen01 sansen02 sansen03
1.まず不動立ちから。 2.床を擦るように滑らせながら右足を左足に寄せる。同時に両腕を帯の高さでクロスさせる。 3. 右足を左足の一足分前に出しながら、半円を描くようにして肩幅の位置まで戻す。クロスさせた両腕は下から絞り上げる。
sansen04
4.両足のつま先を45度内側に向け、足の指で床をつかむ。絞り上げた両腕は肩の位置で止める。脇をしっかり締めるように意識する。

 


手刀顔面打ち

ganmen01 ganmen02
1. 掌を上に向けながら、ヒジを軽く曲げ、手刀を目の高さに置く。左ヒジは胸の高さになる。右手刀は引き手。 2. 右ヒジが肩と平行になるくらい引き、手刀を右耳のうしろにまわす。左手刀は掌を下に向け右脇に添える。
ganmen03 ganmen04
3. 狙う箇所は相手の左コメカミ。正中線を軸に体を回転させながら、右手刀を横から円を描くように振る。同時に左手刀を引く。 4. 1. と同様に脇をしっかり締め、手刀はヒジを軽く曲げて目の高さで止める。手刀は床と水平に振ること。左手刀は引き手。

 


手刀打ち下ろし

uchioroshi01 uchioroshi02
1. 左手刀を掌が右を向くようにして、肩の高さで体の正面に出す。右手刀は引き手。 2. 右ヒジが肩と平行になるくらい引き、手刀を右耳のうしろにまわす。左手刀は掌を下に向け、右脇に付ける。
uchioroshi03 uchioroshi04
3. 狙う箇所は相手の脳天もしくは鎖骨。右手刀を真上から振りおろす。同時に左手刀を引く。 4. 1. と同様に脇をしっかり締め、手刀は肩の前で止める。左手刀は引き手。

 


手刀打ち込み

uchikomi01 uchikomi02
1. 左手刀を肩の高さで正面に出す。手刀が相手のほうを向くように手首を曲げる。右手は引き手。 2. 右手刀を出すと同時に左手刀を引く。手刀は正拳突きのように最短距離で体の中心を通るように出す。貫手で突くように出し、当たる瞬間に手刀を立てるのがポイント。脇が開いていると、外側から曲線を描く軌道になるので注意しよう。同時に左手刀を引く。
uchikomi03
3. 1. と同様に手刀は肩の高さで体の正面で止める。左手刀は引き手。

 


上段受け

joudanuke01 joudanuke02 joudanuke03
1. 左拳は前腕が額の正面にくるように置く。ヒジを返して掌を相手の方に向ける。上半身は右に半身を切る事が大切。前腕と額は拳2~3つ分あける。右腕は引き手。 2. 左前腕で顔面をカバーするようにまっすぐ降ろす。同時に、右拳を体の中心を通るように上げていき、胸の位置でクロスさせる。左拳は右拳の内側を通るようにする。 3. 1. と同様に、右拳はヒジを返して前腕を回転させながら額の正面にくるように止める。同時に左拳は引き手にする。

 


外受け

sotouke01 sotouke02 sotouke03
1. 正中線を軸に体を回転させながら、左ヒジを直角に曲げ、脇をしっかり締めて左拳を胸の前に置く。拳は肩の高さで、脇とヒジの間は拳ひとつ分あける。右腕は引き手 2. 右拳を右耳の後ろにまわし、左拳は掌を下に向け右脇に添える。 3. 1. と同様に、正中線を軸に体を回転させながら、右拳を横から円を描くように振り、正面で止める。同時に左拳は引き手にする。上半身は半身を切る。

 


内受け

uchiuke01 uchiuke02 uchiuke03
1. 左拳はヒジを直角に曲げ、脇をしっかり締めて前に出す。半身を切りながらヒジを返す。左拳は肩と同じ高さになる。脇とヒジの間は拳ひとつ分あける。 2. 正拳突きのように左拳を体の正面に出し、右拳は掌を下にして左脇に付ける。 3. 右拳を左前腕の外を通るように出し、相手の攻撃を内側から外側にはじく。1. と同様にヒジを返しながら前に出す、同時に左腕は引き手にする。

 


下段払い

gedanbarai01 gedanbarai02 gedanbarai03
1. 正中線を軸に上半身は半身を切りながら、左拳を掌が自分の方を向くようにして、左足の前に出す。拳と足の間は縦拳で2つ分あける。右拳は引き手。 2. 右拳を体の正面から左耳に引き上げる。左拳は体の中心に移動させ、金的をカバーする。 3. 正中線を軸に半身を切りながら、左腕の上を通し、1. と同様に右拳を右足の前に下ろす。右拳は自分の方に向け、左拳は引き手。

 


内受け下段払い

uchuukegedan01 uchuukegedan02 uchuukegedan03
1. 上半身は正面を向いた状態で、右拳は肩の高さで内受け、左拳は下段払いに構える。 2. 右拳を左肩の前に移動させ、左拳は右わき腹の前に移動させ、左拳は右わき腹の前に移動させる。 3. 右拳が左拳の内側を通過するようにクロスさせながら。
uchuukegedan04
4. 1. と同様に、右拳は下段払い、左拳は内受けをする。

 


前蹴上げ

p44-1-1 p44-1-2 p44-1-3 p44-1-4

①足を高く振り上げる動作である。前屈立ちになり、両手で帯の横を握る。親指を帯に引っ掛け、人差し指で挟むように軽く握る。強く握ると肩の力みとなるので注憲しよう。②右足を正面からヒザは伸ばしたまま振り上げる。足首を伸ばして中足をしっかり返すこと。③組手では相手のアゴを蹴るが、稽古の際は太ももを自分の胸にぶつける気持ちで頭よりも高く上げ、柔軟性とバランスカを養う。④振り上げた足をもとの位置に戻して前屈立ちになる。蹴り足を戻した際、ふらつかないように気をつける。


外廻し蹴り

p45-1-1 p45-1-2 p45-1-3

①平行立ちになり、両手で帯の横を握る。②右足の親指を返して足刀を作り、外から旋回させながら、親指の付け根からカカトまでの部分で相手のコメカミを蹴る。また、相手の攻撃を底足で受ける際にも使われる。ヒザが曲がらないように注意しよう。③大きく円を描くように振り抜く。床に足を下ろす際はバタンと音を立てずにつま先から静かに下ろす。


内廻し蹴り

p45-2-1 p45-2-2 p45-2-3

①平行立ちになり、両手で帯の横を握る。②右足の親指を返して足刀を作り、内から旋回させながら、足刀で相手のコメカミを蹴る。ヒザが曲がらないように注意しよう。③外廻し蹴りと同様に、大きく円を描くように振り抜く。


前蹴り

p46-1-1 p46-1-2 p46-1-3

①平行立ちになり、両手で帯の横を握る。②右ヒザを胸元で抱えるようにして上げ、③ヒザのスナップを利かせて中足で相手のアゴを蹴る。


横蹴上げ

p46-2-1 p46-2-2

①前蹴上げの横バージョン。平行立ちになり、両手で帯の前を握る。②右足の親指を返して足刀を作り、ヒザを曲げずに横に大きく振り上げる。足で蹴るのではなく、骨盤ごと振り上げ、腰で蹴る。その際、しっかりと相手のほうを見る。できるだけ高く振り上げることを意識しよう。


横蹴り

p47-2-1 p47-2-2 p47-2-3

①平行立ちになり、両手で帯の前を握る。②足刀を作り、体の横で右ヒザを抱えるようにして上げる。③そのまま横に振り上げ、相手のアゴを蹴る。しっかりと相手のほうを見ること。足の指が上を向かないように気をつけよう。


後ろ蹴り

p48-1-1 p48-1-2 p48-1-3

後ろから

p48-2-A p48-2-B p48-2-C

①平行立ちになり、両手で帯の前を握る。②後方を肩越しに見て蹴り足を抱える。③抱えたヒザが体からはみ出さないように気をつけ、一直線に蹴りを出し、カカトで相手のアゴを蹴る。蹴りが一直線に出ていると、正面から見た場合、足が体に隠れて見えなくなる。


廻し蹴り

p49-1-1 p49-1-2 p49-1-3 p49-1-4

①平行立ちになり、両手で帯の前を握る。②中足を反らしてヒザを引き上げ、③軸足を返しながら抱えたヒザが自分の正中線にきたらヒザを伸ばし、相手の顔面を蹴る。組手では背足で蹴ることが多いが、基本は中足を返して蹴る。ただし、足首は曲げずにまっすぐにすること。④相手の顔面を蹴る。蹴りが正面から出ると前蹴りになってしまうので、横から出るように意識しよう。