基礎知識

道場稽古でおこなわれる立ち方や礼式などを紹介します。
空手に関わるあらゆる場面で必要となるのでしっかり覚えましょう。


obi02
帯には厳密な締め方はないが、道着と同じ方向に名前がくるようにして結ぶとキレイに見える。
大山倍達総裁はこうやって締めていた。

 


手型

正拳 手刀
kobushi02 kobushi01 syutou02 syutou01
拳を握る時は、まず小指から一差し指の4本を握り、親指を最後にそえて握る。 自然に手を開いて、小指から人差し指の4本に力を込め、親指を内側に折り曲げる。力を込めるので、4本の指がバラバラになることはない。

 


座礼

zarei01 zarei02
zarei03 zarei04

1・2 適度に背筋を伸ばして正座。ヒザとヒザの間は拳2~3個分開け、拳を握り足の付け根にそえる。腕は力まず、ヒジは閉めすぎず、開けすぎずに。拳を握る理由は、座っている時に相手に襲われた場合、すぐに攻撃を返せるようにするため。3・4 ヒザから拳1個分くらい前の位置に拳をつけ、相手の気配を感じる程度に頭を垂れる。

 


はじめ、なおれの姿勢

hajime01 hajime02 hajime03hajime04

1・2 足は結び立ちのようにつま先を開き、手を帯の前でそろえる。帯から手までの間隔は拳1個分。3・4 手の重ね方は、左手の小指から人差し指までの4本の指先が上。左手の親指と他4本の指の間に右手の4本の指を挟み、右手の親指が一番内側にくるように重ねる。

 


立礼

ritsurei01 ritsurei02 ritsurei04
ritsurei03 ritsurei05

1 不動立ちになり、2・3 顔の前で十字を切り、4・5 腕を元の位置に戻すと同時に、頭を垂れる。この場合、頭は自然に軽く下げ、垂れすぎないようにする。

 


立ち方

閉足立ち 結び立ち
tachi01 tachi02
つま先からカカトまでそろえて立つ。内ももとヒザを締めてまっすぐに立つ。型ではあまり使われない立ち方。 つま先をVの字に開いて立つ。つま先の開く角度は、バランスが崩れない角度と言われている約60度。
平行立ち 不動立ち
tachi03 tachi04
閉足立ちの姿勢から、肩幅に足を開いて立つ。足先は真正面を向いている。 結び立ちの状態から、左右に肩幅ほど開いて立つ。「構えありて構えなし」の構え(相手の攻撃にすぐに対処できる心持ちで立つ)。もっとも頻度が高い立ち方だ。
四股立ち 猫足立ち
tachi05 tachi06
結び立ちの状態から、左右に肩幅の2倍開いて立つ。ヒザの向きはつま先と同じ。お尻は落としすぎないように注意!落としても床と太ももが平行くらいまで。 後ろ足はつま先を30度ほど開き、前足はつま先で立ち、軽くヒザを曲げる。前足は1足分前に出す。多重は1:9の割合で後ろ足にかける。
騎馬立ち 後屈立ち
tachi07 tachi08
四股立ちの状態から、つま先を正面に向けて立つ。内ももを緊張させ、内側に締めながら落とす。ただしヒザは内側に倒さない。 猫足立ちの状態から、前足をもう1足分前に出して立つ。前足は中足をつけカカトを軽く上げる。体重は3:7の割合で後ろ足にかける
鶴足立ち 前屈立ち
tachi09 tachi10
鶴のように片足で立つ。つま先は軽く開きバランスを穫る。持ち上げたほうの足は、太ももが床と平行になる位置まで上げる。 前後に足を開き、前足のヒザを曲げ、重心をかけて立つ。左右の幅は肩幅、前後の幅は肩幅の倍くらい。
かけ足立ち 三戦立ち
tachi11 tachi12
前足のヒザを軽く曲げ、重心をかける。後ろ足を前足の後ろに差し込み、つま先を床に置くようなイメージ。 左右は肩幅に開き、前足のカカトの位置を後ろ足のつま先に合わせる。つま先は内側に向ける。両足を内側に締め、足の指で床をつかむ。

 


息吹

ibuki01 ibuki02 ibuki03 ibuki04
ibuki05 ibuki06 ibuki07

不動立ちの状態から息を吸いながら腕を上げ、顔の前で十字を切りながら、腕をもとの位置に戻すと同時に、腹を締めるような気持ちで息を吐いていく。この時、ノドを開いておくのがポイント。息を吐く時は、臍下丹田(下腹のあたり)に力を込めるので、自然と帯が持ち上がっていくように見える。息を吐ききったら、極限まで息を吐ききる気持ちで、最後にもう一度、ハッと息を吐く。息吹は逆腹式呼吸法(吐く時にお腹がふくらむ)で行うのが基本。臍下丹田に力を入れることで、どんな強力な突きをもらってもいいように腹を練るためである。