ポーランド・ナショナルサマーキャンプ2018


ポーランド・ナショナルサマーキャンプ2018日時:2018年8月29日~9月1日
場所:ザコパネ・ポーランド
主催者:WKOポーランド支部(レミギュシュ・カラピンスキー会長)

日本の森健太道場長、カナダのアンドレ・ギルバート支部長を特別ゲストとして迎えたサマーキャンプを8月29日~9月1日、ザコパネで開催しました。
92名が参加し、1日4回の厳しい稽古に全力で取り組みました。主催者からはレミギュシュ・カラピンスキー六段、エウゲニウシュ・ダディブグ六段、ジャセク・ラモト五段、マリウシュ・マズール五段、マレック・クレイプシオ五段、ボイチェフ・ラジェヴィッチ四段などが指導にあたりました。キャンプ中、26名が昇段審査(初段~参段)に挑戦しました。早朝稽古では大カスプロヴィ山(標高1,987メートル)のランニングを行ないました。

Polish National Summer Camp 2018

Date: August 29-September 1, 2018
Place: Zakopane, Poland
Organizer: WKO Poland Branch (PFKS, President Remigiusz Karpinski)

The summer camp of the PFKS (Polska Federacja Karate Shinkyokushinkai) was held at the heart of the Polish mountains in Zakopane from August 29 to September 1. Special guests were Andre Gilbert 8th Dan (Canada) and Kenta Mori 3rd Dan (Japan). 92 people participated in the camp, and trainings were held 4 times a day. Trainings were also conducted by Polish instructors: Remigiusz Karpinski 6th Dan, Eugeniusz Dadzibug 6th Dan, Jacek Lamot 5th Dan, Mariusz Mazur 5th Dan, Marek Krejpcio 5th Dan, Wojciech Radziewicz 4th Dan, Pawel Orysiak 4th Dan, and Aleksandra Bukowa 2nd Dan. The trainings were held at the Central Olympic Preparation Center, and during the camp, 26 people challenged for the grading exam (1st Dan to 3rd Dan). As part of the morning training, there was a run to the top of Kasprowy Wierch, with a height of 1,987 meters above sea level.