緑健児代表が「せとうち創生プロモーター」に就任

1_AB3A8547

緑健児代表が「せとうち創生プロモーター」に就任 緑健児代表が、故郷・奄美大島で「せとうち創生プロモーター」に就任。1月16日(月)、瀬戸内町で盛大な委嘱式および祝賀会が開催されました。
 せとうち創生プロモーターとは、町制施行60周年を迎えた瀬戸内町の地方創生につながる政策を推進するために設けられた新たな役職で、一般的な観光大使よりも上位に当たるものです。陸上自衛隊の誘致に伴う活動をはじめ、これまでの貢献を認められた緑代表が就任第1号となりました。
 開会のあいさつに立った鎌田愛人町長は、「緑代表には地方創生だけでなく、雇用にもつながるような幅広い人脈をご紹介いただきました。瀬戸内を思う緑代表のお気持ちにこたえられるよう、今後も一体となって様々な政策を実現させるために頑張っていきたい」と語り、委嘱状とプロモーターの肩書が入った名刺を緑代表に贈呈しました。
 緑代表は「身の引き締まる緊張感と、心地よいプレッシャーを感じています」と心境を語った後、「自分自身のことで御祝をしていただくのは世界チャンピオンになって以来のことです」と感謝を述べ、さらに「これまでも一期一会の出会いを大切にしてやってきましたが、今後はますます瀬戸内町のために死力を尽くして頑張っていきたいと思います」と決意を表明しました。
 委嘱式には奥田耕三・副町長、岡田弘通・町議会議長、松村保宏・奄美せとうち観光協会会長、政岡博重・瀬戸内町商工会会長をはじめ約100名が出席。就任を祝うとともに、「チームせとうち」の新たなスタートに向けて思いを一つにしました。
 後半には新極真会奄美支部の精鋭が、栄克人師範代の号令のもと演武を披露。また、少年部の渡辺朝陽君が音楽家・長渕剛さんの『Myself』『新極真の歌』を熱唱し、おおいに会を盛り上げました。

1_AB3A8547
鎌田町長が「せとうち創生プロモーター」の委嘱状と名刺を緑代表に贈呈

3_AB3A8558
緑代表は感謝の意と今後の決意を語りました

4_AB3A8617
緑代表に紹介された小井事務局長もあいさつを行ないました

5_AB3A8669
会を盛り上げた栄克人師範代率いる奄美支部の演武団。前列左から栄丈太郎、田原葉亮、後列左から栄堪太、栄慎之助、福島大智

6_AB3A8743
渡辺朝陽君が会場を巻き込んで長渕剛さんの歌を熱唱

7_AB3A8757
瀬戸内町出身の歌手・元ちとせさんも緑代表と瀬戸内町にエールを送りました

8_AB3A8514
祝賀会には約100名が出席しました

9_AB3A8770
最後は政岡博重・瀬戸内町商工会会長の音頭による万歳三唱