アルゼンチン支部 2009サマーキャンプ


日時:2月20日~22日

場所:ニコチアシティ(ブエノスアイレス郊外)大西洋海岸

アルゼンチン各地から集まった10代から60代までの男女の生徒や指導員が並びあって基本稽古を行う様子からは、力強い気合いが感じられた。また参加者各々が稽古についてだけでなくお互いについても深く知りあえるほど、温かい雰囲気と協力関係に包まれたキャンプとなった。

素晴らしい天気と美しい景色に囲まれた場所でのキャンプは、参加者にとって生涯忘れられない経験になるだろう。

一方、私たちは普段からブエノスアイレスにある小児病院支援のための社会貢献活動も行っている。ペットボトルのリサイクル運動である。使用済みのジュースや水などのペットボトルのプルトップ(ふた)を集めリサイクル業者に引き取ってもらうことで、医療機器を購入したり修理したりする資金にしている。私たちの道場の子どもたちは、普段から環境を守りながら人々の手助けになることも学んでいる。ペットボトルのふたでいっぱいになった袋を持って道場に来る彼らの姿を見るのは素晴らしいことだ。

*写真は「ガラハン病院を助けるために共に頑張ろう」というスローガンが入ったポスターです。

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0