アンドレイ・マテロフ選手安らかに


先月下旬の自宅火災で重傷を負い、その後病院で懸命の治療が続けられていましたが、残念ながら若くして逝去されました。

被災当時に現地を訪問していた藤原師範からも状況報告を受けていました。何とか助かってほしいとの一念でした。
突然の訃報に接し、何とも悲しく、何とも儚い想いで一杯です。
若くて強い、そして優秀な世界的空手家の急逝に我が子をなくしたような気がしてなりません。
謹んで深い哀悼の意を表しますと共に、心からご冥福を祈念いたします。
アンドレイ・マテロフ選手、あなたの雄々しい戦い、そして笑顔を私たちは忘れない。
安らかに眠ってください。

新極真会代表 緑健児
新極真会日本地区一同

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0