東北地方太平洋沖地震への対応について


東北地方太平洋沖大地震に際して、被災された皆さまに心からお見舞い申し上げます。お亡くなりになられた皆さまやご家族の皆さまにお悔やみ申し上げます。

この度の震災発生より、当会の第一次安否情報や内部対応等の連絡は滞りなく終了し、各支部道場でもその指示にしたがって冷静に対応していただいています。

現在、被災地への救援物資供給につきましては、皆さまがお住まいの各自治体にお問い合わせしていただき、物資受付および搬送をしている自治体経由で積極的に供給していただきたいと考えています。ご参考までに、防衛省及び被災各県(青森、秋田、宮城、福島、茨城)の県庁では救援物資の受け付けをしていないことを確認しています(3/14 12:40現在)。

皆さまから当局宛てに救援物資のお申し出やお問い合わせをいただいており、心から感謝申し上げます。被災地の皆さまにもこうしたお気持ちが届くともの思われます。しかしながら、現地及び輸送路の安全確認と現地交通の混乱を回避するため、当局が主体となって物資の受け付けや搬送をせずに、政府及び各自治体の指示に従って救援活動を行う方針でおります。

今後、現地状況や安全確認などに新たな展開がでましたらこの限りではございませんので、新たな方針が固まりましたら適宜皆さまにご案内申し上げます。

一方、被災地から避難先を求める方がおいでた場合、各支部長責任者を窓口として一時的な退避場所をご提供していただけるようでしたら、後述いたします災害用掲示板を通じてお申し出下さい。当面、総本部道場と埼玉中央道場(埼大道場、東大宮道場)では、人数に限りはございますが一時避難先としてご利用いただけます(利用申し込みは当局までご一報下さい)。

当局では、①前述の救援活動や②被災者の安否確認、③被災地への励ましのメッセージを目的として、災害連絡掲示板を設置致しましたので、ぜひご活用下さい。

平成23年3月14日
総本部事務局

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0