静岡西支部 塚本修平 初段昇段レポート(2014年2月23日)


静岡西支部 塚本修平 初段昇段レポート(2014年2月23日)この度は、昇段審査受審の機会を与えていただき、ありがとうございます。

僕が空手を始めたのは、幼稚園の年中の秋でした。
島田に道場ができたのを機会に、兄が空手を始めたので、最初は母と見学していましたが、すぐにやってみ
たくなり、間もなく僕も稽古を始めました。

最初の頃は、松村先生や兄の真似をしながら、楽しく稽古をすることができました。
はじめての静岡西支部の交流試合でも、三位に入ることができ、永島師範にメダルをかけていただき、とても嬉しかったことを今でも覚えています。

そして、もっともっと強くなりたいと思うようにもなりました。

しかし、ある時から僕は、空手をやめたいと思うようになりました。 
それは、ある日一学年上のとても強い先輩が島田道場に入ってきたからです。

それまでは、組手の相手が大人の人がほとんどで、みんな手加減をしてくれたり、ほめてくれたりして、とても楽しかったのです。

しかし彼が入ってきてからは、毎回と言っていいほど組手で泣かされました。
もう嫌だと思いましたが、それでもみんなに励まされて、がんばって続けてきました。

そして、何とか耐えられるようにまでなってきた時に、自分が心身共に強くなっているのを感じました。
交流試合でも毎年入賞する事ができ、こうして念願の昇段審査を受けられるまでになりました。

こんな僕が今まで空手を続けてこられたのは、そんな強い先輩や、いつも励ましてくれた仲間がいたからだと思います。

最後になりましたが、昇段審査受審の機会をいただいた永島師範、いつも優しく教えていただいた松村先生、一緒に練習をしていただいた道場の皆さん、いつも応援してくれた家族に心から感謝します。

これからも頼れる先生方のように、黒帯に恥じない稽古をしていきたいと思います。
本当にありがとうございました。
 
これからもよろしくお願いします。押忍

静岡西支部
支部長/責任者:永島文秋
静岡西支部ホームページ

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0