香川中央支部 三嶌純太 初段昇段レポート(2016年10月10日)


香川中央支部 三嶌純太 初段昇段レポート(2016年10月10日)この度は昇段審査の機会を与えて頂き、誠にありがとうございました。

僕が空手を習い始めたのは、小学2年生の時です。
後に3人の妹たちと母も入門し、5人で一生懸命稽古して、試合にもたくさん出ましたが結果は出せませんでした。

そして、中学生になった時、空手から一時離れ、部活動で剣道を頑張りました。
その間も、母と妹たちは空手を頑張っていました。

中学3年生の総体が終わり、母や妹の試合を見に行く機会がありました。
試合で応援していると、もう一度空手を頑張りたいという気持ちが強くなり、空手に復帰する事にしました。

この数年の間、様々な事情から、最初に入門した道場とは違う道場で稽古をするようになっていました。

新しい道場は、原内師範が指導されている道場でした。
この道場には、ドリームフェスティバルなどの各種大会で優勝や上位入賞する、強くて楽しい仲間がたくさんいて、僕もこの仲間たちと一緒に稽古に励みました。

試合にも積極的に挑戦させて頂きましたが、身体が小さくて細い僕は、全く勝てない時期が続き、空手から離れようかと思ったこともありました。
そんな僕に、師範がウエイトトレーニングのメニューを組んで下さりました。

少しずつ身体が変わり始め、自信になりました。
また、稽古後の自主トレ時間には、ミットなどの実戦練習を教えて頂きました。

とても苦しい稽古だったけど、仲間と一緒に続けました。
その後、だんだんと試合でも勝てるようになりました。

上級の部で優勝できた時、師範から昇段審査受審の許可を頂きました。

審査の当日、とても緊張していました。
基本・移動・体力テスト・型までの一次審査を終え、二次審査の十人組手では何度も心が折れそうになりましたが、道場の仲間たちの声援のおかげで完遂することができました。

最後に、ここまでご指導してくださった原内師範、諸先輩方、道場生の仲間、保護者の皆様、本当にありがとうございました。

そして、僕に空手を習わせてくれている父と母に感謝しています。押忍

dsc_0015-1

香川中央支部
支部長/責任者:原内卓哉
〒761-0113香川県高松市屋島西町678番地80
アルファシティ屋島西町 壱番館 514号室
TEL 087-841-7173 
香川中央支部ホームページ

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0