北海道函館道場 伊藤義彦 初段昇段レポート(2018年3月4日)


北海道函館道場 伊藤義彦 初段昇段レポート(2018年3月4日)この度は、昇段審査の機会をいただきありがとうございます。

私が空手をはじめたのは5年前の38歳の時でした。
初めは精神を鍛えようと息子を入門させ、私は体を鍛えようと入門しました。

稽古を重ね大会に挑戦しましたが敗北、その悔しさが今でも忘れません。

その悔しさから稽古を欠かさず大会にも積極的にドリーム、地区大会、地区ウェイト制、ブロック大会、錬成大会と挑戦し次第に結果が付いて優勝まで出来るようになりました。

そして、今回昇段の許可を頂きました。
黒帯は自分の目標だったので、とても嬉しく思いました。

それからは昇段審査に向けて稽古を始め、基本、移動、型、組手と毎日の様に真剣に取組み稽古しました。

審査前日、当日と緊張はしましたが道場長、先生の指導を信じ自信を持って挑む事ができ最後までやり遂げる事が出来ました。本当に有難う御座います。

今回昇段出来たのはこれまでに指導して下さった嘉堂道場長、梅津先生、道場生、戦友、家族に感謝しています。

黒帯を締めてからが本当の始まりだと思うのでこれからも稽古、指導、挑戦に励み次の目標に向けて頑張りたいと思います。押忍

北海道函館道場
支部長/道場長:嘉堂 卓也
〒041-0812 北海道函館市昭和2丁目37番13号
ノーサイドセカンドステージ203
TEL 0138-76-4586

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0