埼玉山本道場 碇元慶太 初段昇段レポート(2020年2月23日)


埼玉山本道場 碇元慶太 初段昇段レポート(2020年2月23日)埼玉山本道場第1回昇段審査会を受審させて頂きました。

埼玉県立武道館という立派な会場で厳かで緊張感のある中審査に挑み、山本師範に昇段を認めて頂く事が出来ました。
これもひとえに、日頃の稽古による山本師範からの ご指導を賜った事は基より、共に汗をかき叱咤激励し合った道場生の仲間からの声援、当日同時に昇級審査を受審した少年部とそのご父兄様からの声援が挫けそうになった心に力をもらい、厳しい昇段審査を乗り越える事が出来ました。

このレポートの文面をお借りして、御礼申し上げます。本当に有り難うございました。

思い返せば小学校入学当初TVアニメで観た「空手バカ一代」に魅了され格闘技最強極真空手に憧れ、いつかは習いたい、いつかこんな強い男になりたいと心に秘めたまま大人になりました。
偶然自宅の近くに「新極真会」の道場が新規開設される事になり、緊褌一番少年時代の思いを胸に2006年2月に入門し14年の月日過ちました。

この間に数多くの諸先生方を始め先輩方からの言葉やご指導を頂き、自分の中で心の強い人に成りたく、自分に厳しく、他人に優しい人に成れるように稽古に励んできました。
有難い事に他道場の諸先輩方との交流も深めさせて頂く機会が多く、沢山の事を教わり、時には、叱咤激励して頂き、お互いに昂らせ合いながら成長させて頂きました。

これから黒帯を締めて、帯に一本金線が入った事で、筋金入りの心の強い武道人に成れる様、益々精進してまいります。

まだまだ未熟者ではありますが、師範を始め諸先輩方よりの御指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。押忍

※埼玉山本道場の情報はこちらよりご確認下さい。

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0