2020本キック・チャレンジ


日時:2020年12月各日
場所:シンガポール各道場
主催:WKOシンガポール支部

シンガポールでは、コロナウイルスの感染状況が落ち着いたことから、政府が2020年末についにフェーズ3を宣言し、人数を制限した上での様々な社会、文化、宗教、企業活動、イベント実施が再開しました。
これを記念して、シンガポール支部が各道場と全てのフルコンタクト空手団体に参加を呼びかけ、併せて2020本の蹴りを行う2020本キック・チャレンジを行いました。
シンガポール支部の9つの道場と11のフルコンタクト空手団体が趣旨に賛同し、それぞれの道場で道場メンバーたちとともに蹴りを行い、合計2020本の蹴りを見事達成、フルコンタクト空手界の団結を深める素晴らしい機会となりました。

2020 Year-end Kick Challenge

Date: Dec 2020 (Various date)
Place: Singapore Various dojos
Organizer: WKO Singapore branch

In Singapore, the Coronavirus propagation status is stabilized, and the Government declared Phase 3, where the social, cultural, religious, and business gatherings or events are resumed with limited crowd sizes.
Singapore branch organized the Year-end Kick Challenge to mark the opportunity to have overcome Covid-19 in the year 2020.
Eleven Shinkyokushin dojos and nine Full Contact Karate groups took part in the challenge in their respective dojos with their members and all together archived 2020 kicks in total.
It was an excellent opportunity to be united with all the different Full Contact Karate organizations.

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0