第29回全日本ウエイト制空手道選手権大会


東日本大震災復興支援チャリティー/骨髄バンクチャリティー 第29回オープントーナメント
全日本ウエイト制空手道選手権大会
第5回カラテワールドカップ日本代表選抜戦

5.26(土)開場 9:00 試合開始10:00
5.27(日)開場10:00 開 会 式 11:00

■テレビ放送
本放送
6月17日(日)24:00-26:00 J SPORTS3
再放送
6月21日(木)07:00-09:00 J SPORTS3
6月24日(日)10:00-12:00 J SPORTS3

第10回世界大会は日本が男女ダブル優勝をはたし、大成功を収めた。塚本徳臣が有終の美を飾り、新時代を担う選手へとバトンが渡された。新たなスタートを切る今大会は、来­年の4月にリトアニアで開催される第5回カラテワールドカップの選抜となる。誰が”日の丸”を獲得するのか。それが最大のテーマといえよう。

 重量級の中心は昨年王者の島本雄二。世界大会では優勝候補のヴァレリー・ディミトロフを止め、7位に入賞する活躍をみせた。これにストップをかけるのは一昨年王者の森健太­だ。昨年のウエイト制には出場しなかったが、雄二を破ったこともあり、連覇を止める最有力選手といっていい。中量級4連覇という実績を持つ第40回全日本王者の山田一仁も­復活にかける一人。昨年はベスト8に終わったが、かつての勢いを取り戻そうとしている。世界大会メンバーに選ばれた落合光星の存在も面白い。彼の活躍次第では、さらに混沌­としていきそうだ。ここに世界大会ベスト16の水野暁記、同じく日本代表の河鰭郁也、ベテランの阪本晋治、前川憲司、さらに10代の山本和也、亀山真、入来建武など各年代­を代表する選手が絡んでくる。混戦の階級といってもいいだろう。

 中量級は、島本一二三の3連覇を誰が阻止するかがテーマとなる。昨年、一二三と決勝を争った加藤大喜が最右翼。世界大会でアレクセイ・レオノフを破ったことで、さらに成長­したはずだ。ベテラン勢では、谷川光、吉田富和、保本学らが揃い、中堅には長野義徳、野優希、河瀬優太朗らが控え、それを10代の大下郁真、前田勝汰らが追いかけるとい­う構図。各年代でバランスがとれているため、こちらも目が離せない闘いになりそうだ。

 軽量級は、10代で3連覇を達成した前田優輝が4連覇の大記録に挑む。世界大会では自分よりも大きな選手と闘って勝ち進み、敢闘賞を獲得した。対抗には第25回大会で優勝­している山野翔平、ユース世代の緑強志、河瀬兄弟、郷内兄弟、藤原将二郎、越智純貴、出口邑などがいる。誰が抜け出しても不思議ではない。出場人数を考えても、この階級は­最激戦区となるだろう。

 女子重量級は、世界王者の将口恵美が頭一つ抜けている。篠原葉子、長谷川真美がどこまで食らいつくかがポイントだ。中量級は王者・横山紀子の前に、第4回カラテワールドカ­ップ中量級王者の佐藤弥沙希が立ちはだかる。軽量級は復活した世界王者の兼光のぞみが、加藤小也香の4連覇を阻むことができるかが最大の見どころとなる。

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0