第4回カラテワールドカップのドーピング違反処分解除について


WKOは、2012年3月23日付けのスポーツ仲裁裁判所(CAS)の決定を受けて、これまで保留としていたマリウス・イラス選手に対しての2010年12月27日付けドーピング処分を正式に解除しました。

WKO会長 緑 健児
WKOアンチ・ドーピング委員長 内藤 隆富
顧問弁護士 今井 秀智

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0