国際麻薬乱用撲滅デー


国際麻薬乱用撲滅デー日時:2020年6月26日
場所:ナヴォイ・シティー、ウズベキスタン
主催:WKOウズベキスタン支部(ハサン・ナサロフ支部長)

 WKOウズベキスタン支部は6月26日の「国際麻薬乱用撲滅デー」にセミナーを開催し、30名以上が参加しました。このイベントの目的は子供達、若者、大人たちを対象に薬物中毒を防止する知識を広めることです。
 セミナーには、2003年から2006年までナザロフ支部長の下で空手を学び、現在では合気武道、アメリカン・サンボおよびユニバーサル・ファイトという3つの格闘技で世界チャンピオンの肩書きを持つアリベク・アブディエフ氏が参加しました。アブディエフ氏は2時間に渡りセミナーを行い、いかに新極真会空手での修行が彼を世界チャンピオンへと導いたかを語りました。また、このセミナーの模様は国営テレビのスポーツチャンネルおよび「セビムリ」チャンネルに取り上げられました。

 世界中でコロナウイルスによる大変な状況が続く中ですが、ウズベキスタン支部は国内での空手の普及を推進していきます。今後7月、8月にも複数のセミナーを、9月には国際大会を予定しています。

International Day Against Drug Addiction

Date: June 26, 2020
Place: Navoi city, Uzbekistan
Organized by: WKO Uzbekistan Branch (Branch Chief Khasan Nazarov)

 WKO Uzbekistan branch held the seminar on « the international day against drug addiction,» and more than 30 karate students have participated.
The purpose of the event is to educate young people and adults on how to fight against drug addiction.
Mr. Alibek Abdiev attended the seminar, he is an ex-student of Branch Chief Khasan Nazarov from 2003 to 2006, and is the champion of three different martial arts disciplines; Combat Aikido, American Sambo and Universal Fight.
He conducted the seminar for more than 2 hours and explained how Shinkyokushinkai karate helped him to become a World Champion. The Republican TV Sports channel and the channel “Sevimli” covered the event. Despite the difficult situations due to the Coronavirus all over the world, WKO Uzbekistan will continue to develop karate in Uzbekistan. Several more seminars are planned in July and August, followed by an Open international championship in September.

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0