カラテドリームフェスティバル2018国際大会・初日


カラテドリームフェスティバル2018国際大会・初日6月23日~24日の2日間にわたり、聖地・東京体育館でカラテドリームフェスティバル2018国際大会が開催されている。2年に一度の国際大会となる今年は、海外18の国と地域から選手が集結し、国内他派からは91団体が参加。昨年から約400名増加した過去最多の2707名(団体型33団体)がエントリーし、空前のスケールでの開催となった。大会初日となった6月23日は、全日本空手型競技選手権(団体型)、小学生から一般までの型部門、組手の全日本シニア空手道選手権と新極真カラテ全国新人戦が行なわれた。各年代ナンバーワンの座をかけた熱戦の模様をお届けする。

団体型

団体型は小学生以下と中学生以上に分かれて争われ、小学生以下は9チーム、中学生以上には24チームが出場した。
小学生以下は栃木C(矢部雄大、森戸柊空、大八木來奏)と神奈川東横浜G(齋木晴翔、根岸優樹、有延美咲)が決勝に駒を進め、息の合った撃塞小を見せた栃木Cが判定3-2の接戦を制して優勝を飾った。
中学生以上は、昨年の優勝チームである神奈川東横浜A(小林侑生、三橋龍貴、手島海咲)が、準々決勝でスイス(シリル・バチリ、カルラ・ガラティ、アン・ドリエセンス・ポリメノ)に敗れる波乱が起こる。続く準決勝でスイスを破った神奈川東横浜B(手島一翔、池田乃亜、佐藤颯人)が決勝へ進出し、第6回世界ウエイト制女子軽量級チャンピオンの将口美希を擁する愛知山本B(佐藤康多、本部紘希、将口美希)を迎え撃った。五十四歩を披露した神奈川東横浜Bが、判定5-0で初優勝をはたした。

個人型

 個人型は、第6回世界ウエイト制男子軽量級チャンピオンであり、昨年、一昨年とドリームフェスティバルの型部門を2連覇している岡﨑陽孝に注目が集まったが、型・男子19歳以上35歳未満の準々決勝で山崎一平に敗れ、3連覇はならず。準決勝で山崎を破った三橋龍貴と本部紘希がファイナルへ進出し、本部が判定3-2で頂点に立った。
型・女子19歳以上35歳未満は、2015年、2016年に型部門を制している手島海咲が順当に決勝へ駒を進め、キレのある五十四歩を披露して通算3度目の優勝を飾った。
型・男子35歳以上は、昨年の準優勝者である佐野英雄とオーストラリアから参戦したムジュタバ・アシュラフィが決勝で対戦。ともに観空で優勝を狙ったが、判定3-2で佐野が勝利。2016年に続き、2度目の王座戴冠をはたした。


 型・女子35歳以上は、スイス支部のアン・ドリエセンス・ポリメノがノーシードから勝ち上がり、決勝では過去に3度の優勝を誇る佐次美裕を判定5-0で撃破。ドリームの型部門で初めて海外勢が頂点に立った。
昨年と同じ顔合わせとなった型・高校生男子決勝戦は、五十四歩を披露した山中湧太が手島一翔を判定4-1で下し、大会3連覇を達成した。
型・中学生女子は、昨年まで3連覇をはたしている田中利奈と昨年準優勝の永井海音の決勝対決となり、田中が判定5-0で勝利。4連覇の快挙をはたした。
型部門最多となる68名がエントリーした型・中学生男子決勝は、中内功大が小川凌空を判定3-2で下し、大会3連覇を達成した。
その他、型・高校生女子優勝の鈴木あかり、型・小学3年生女子優勝の西原瑞姫が2連覇をはたし、型・小学5年生女子では小山瑠偉が3度目の優勝を飾った。

組手

 組手の全日本シニア空手道選手権は、全22部門で優勝が争われた。男子30歳以上35歳未満軽量級は、昨年チャンピオンの櫻井匡人と永井佑育が決勝へ進出。下突きと正拳突きのコンビネーションで優位に試合を運んだ櫻井が本戦5-0で永井を下し、2連覇をはたした。

 女子40歳以上50歳未満軽量級は、昨年まで女子45歳以上66歳未満軽量級で連覇をはたしている中村由加里が順当に勝ち上がり、決勝では福井真弓を本戦4-0で下して3連覇を達成した。
 女子50歳以上60歳未満は、大会4連覇の実績を持つ森川セーラが強さを見せた。決勝では突きとヒザで三嶌利江を圧倒し、本戦5-0で勝利。5連覇の偉業を成し遂げた。

 また、海外勢の活躍も目立った。カザフスタン同士の決勝となった男子30歳以上35歳未満重量級は、キリクバイェフ・セリクボルがショタバイェフ・ダルハンに本戦5-0で勝利。男子35歳以上40歳未満重量級ではロシア支部のイリア・プラトフが圧巻の内容で勝ち上がり、決勝でも川北勝彦から一本勝ちを収めて頂点に立った。男子45歳以上50歳未満重量級決勝では、ロシア支部のミハイル・スクヴォルツォフが突きとヒザで片桐雅之に圧力をかけ、本戦5-0で完勝を収めた。

 新極真カラテ全国新人戦には、昨年よりも約80名多い608名がエントリー。全56部門に分かれたドリーマーたちが、夢の舞台に闘いの歴史を刻んだ。

試合結果
型・団体
型・個人
初日組手
全国新人戦