訃報:藤川孝幸さん


昨年末より、がんと闘ってこられました藤川孝幸さんが11月15日にお亡くなりになりました。(享年56歳)

藤川さんは元ヴェルディ川崎(現J2東京ヴェルディ)の黄金期のゴールキーパーとして活躍され、引退後はコーチとして後進の育成に尽力されました。その後、新極真会にご協賛して頂いておりますリーフラス株式会社に入社され、常務取締役として社業発展に貢献されました。2017年からはリーフラス株式会社が運営権を取得した北海道十勝スカイアースの代表も務められました。
 一方、新極真会の会員として長年に渡って修行を続けられると同時に95年の第6回世界大会代表選手合宿から日本代表選手団のフィジカルコーチとして代表選手を鍛えていただきました。
近年ではご自身が指導される大学サッカー部の部員やリーフラス株式会社の会員の子どもたちに全日本大会や世界大会を見学させて、極真魂を注入されるなど、新極真会の普及啓発に多大なるお力添えを頂きました。
昨年末に余命三ヶ月を宣告された藤川さんは、これまで熱い友情で繋がっていた緑代表の【死力達成】【負けじ魂】を掲げてあらゆる方法の治療に挑まれ、最期まで心を折ることなくガンと闘い抜かれました。

藤川さんのご逝去の報に接し、心から哀悼の意を表しますとともに、ご生前の新極真会発展への貢献に深く感謝し、心からご冥福をお祈り申し上げます。

藤川さん、ありがとうございました。安らかにお休みください。

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0