中米地区&ホンジュラス第12回世界大会選抜大会


中米地区&ホンジュラス第12回世界大会選抜大会日時: 2019年3月16日
場所: ホンジュラス・テグシガルパ市
主催者: ホンジュラス支部

今年11月に開催される第12回全世界空手道選手権大会の中米地区代表女子選手およびホンジュラス代表男子選手を選出する選抜大会が、テグシガルパ市にて開催されました。
選手は世界最高峰の大会で地区・国を代表するために、激しく、そして正々堂々と戦いました。
その結果、強い突きと安定したペースで体重差のある選手を破り勝ち進んだレイナ・モントーヤ選手が優勝し、中米地区代表女子選手として選出されました。男子の部では、カルロス・オルティス選手が優勝し、ホンジュラス代表選手の座を獲得しました。

尚、選抜大会に合わせ、少年部、ユース、型の部の大会も行われました。
これらの部門には他団体やコスタリカ支部からの選手が参加した他、グアテマラからも選手が初出場しました。
また、在ホンジュラス日本国大使館の坂井達弥書記官を主賓にお迎えし、表彰式にも参加していただきました。

The CAKO Women Eliminatory and Honduras Men Eliminatory
for the 12th World Karate Championship

Date: March 16, 2019
Place: UNITEC University Multi Sport Arena, Tegucigalpa, Honduras
Organizer: Honduras Branch

Honduras hosted the fighters eliminatory for the upcoming World Open Championship to be held in Tokyo next November. For the Women category were selected CAKO´s two (2) competitors and one (1) for the Men category. Fighters fought fiercely and fairly for the chance to represent the area in the most prestigious Karate event in the world.
In the Women category the winner was Reina Montoya, who was using strong strikes and steady pace, and overcame all much bigger opponents. In the Men event, Carlos Ortiz got the first place.

In addition to the World Eliminatory events, children, youth and Kata categories were celebrated. Participants from other full contact karate organizations, Costa Rica and a competitor representing Guatemala for the first time competed.
The Japan Embassy Cultural Affairs Secretary, Tatsuya Sakai attended as honor guest and participated in the prize winners award ceremony.
The results are as follows

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0