新型コロナウイルス感染症対策と催事の延期・中止等について (対象期間:2月26日~3月11日)


本日、首相官邸で新型コロナウイルス感染症対策本部(第14回)が開かれ、安倍総理大臣から次のような方針が示されました。

「(前略) 多数の方が集まるような全国的なスポーツ、文化イベント等については大規模な感染リスクがあることを勘案し、今後2週間は、中止、延期又は規模縮小等の対応を要請することといたします。(後略)」(首相官邸

つきましては、当会では対象期間となります本日から3月11日(水)までの期間の催事に以下のような対応をしてまいりますので、関係各位の皆さまにお知らせいたします。

【延期】
3月1日 三重県空手道錬成大会2020
3月8日 第34回全九州空手道選手権大会、第21回栃木県空手道錬成大会、2020年広島県空手道選手権大会
※延期後の日程や運営上の詳細は追って主催支部より案内いたします

【規模縮小(開催)】
3月1日 JKO昇段審査会

この他、本件に関して北海道では道内すべての小中学校で27日からの一定期間、臨時休校の措置が取られております。この方針にしたがって、該当する自治体の当会支部道場でも、前述の休校期間の稽古を休止することといたします。
今後、全国の自治体で同様の臨時休校などの措置が取られた場合は、該当する自治体の支部道場の稽古休止も検討してまいります。

なお3月12日以降に開催予定の催事は、本日時点では規模縮小の措置を講じて開催する予定ですが、政府の新しい方針次第で変更する場合がございます。この場合、皆さまに遅滞なく公式ホームページで催事などの対応をお知らせいたします。関係各位の皆さまには、急なお知らせで大変ご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご理解とご協力をお願い申し上げます。

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0