第7回全世界ウエイト制空手道選手権大会の延期(2022年)について


2021年6月にポーランドで開催を予定していた本大会の1年延期が決定した。
延期日程は2022年4~6月にて調整が進められている。開催国に変更はない。この延期には、WKOが幹事的な役割を果たしているWFKO、その第1回全世界フルコンタクト空手道選手権大会(2020年5月開催予定)の世界的なコロナ禍による延期が関連している。

この(第1回全世界フルコンタクト)延期日程を検討しているなかで、ポーランド連盟からの自発的な本大会(第7回全世界ウエイト制)の1年延期の申し入れがあり、この英断によって第1回全世界フルコンタクトの2021年が可能となった。WKOがWFKOに大きな譲歩と協力を提示した。この延期に伴う、ポーランド国連盟(国代表・WFKO理事:レミギシュ・カラピンスキー師範)の心意気に深く感謝を申し上げます。

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0