ポーランド・ナショナルサマーキャンプ2020


ポーランド・ナショナルサマーキャンプ2020日時:2020年8月28日〜30日
場所:ポーランド、ヨーロピアン武道センター・スタラ・ビエシ道場
主催:ポーランド支部(レミギュシュ・カラピンスキー会長)

コロナウイルス流行の合間を縫って、毎年恒例のポーランド・ナショナルサマーキャンプが8月28日から30日にかけて行われ、140名がヨーロピアン武道センター・スタラ・ビエシ道場に集結しました。
指導は、2人のオープンウエイト世界大会のシルバーメダリスト、ムザファー・バカック支部長とマシエ・マズール選手が中心となり、選手も指導員も彼らの貴重な経験から多くを学びました。

今回56名が昇級昇段審査に挑戦、審査前には受審者稽古を行い、審査基準にあわせて技術の改善を指導しました。ポーランド国連盟の審査委員、レミギュシュ・カラピンスキー六段、エウゲニウシュ・ダディブグ六段、ボクダン・ルボス五段、マレク・クレプシオ五段、マリウシュ・マズール五段、ボイチェフ・ラジェヴィッチ五段が審査委員を務めました。
キャンプ中、ポーランド国連盟会議、支部長会議、クラブリーダー会議も併せて行われました。

Poland National Summer Camp

Date: 28-30 August 2020
Place: European Budo Center – Dojo Stara Wieś, Poland
Organizer: WKO Poland Branch (PFKS, President Remigiusz Karpinski)

 Despite the current epidemic situation, the Polish Karate Shinkyokushinkai Federation’s Annual summer Camp took place from 28th to 30th August. Hundred forty members participated in the camp at the European Budo Center – Dojo Stara Wieś.
The leading instructors were two open-world vice-champions, Muzaffer Bacak and Maciej Mazur. They ensured a high level of the classes so that both fighters and instructors could benefit from their valuable experiences.
Fifty-six candidates took part in the grading exam for Kyu and Dan grades. All exams were preceded by special training sessions aimed at improving the required elements.
The exams were conducted by the PFKS Examination Committee: Remigiusz Karpiński 6th dan, Eugeniusz Dadzibug 6th dan, Bogdan Lubos 5th dan, Marek Krejpcio 5th dan, Mariusz Mazur 5th dan, Wojciech Radziewicz 5th dan.
There was a PFKS Board meeting, Branch Chief meeting, and Club Leader meeting during the camp.

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0