MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 兵庫中央支部 米井聡 初段昇段レポート(2020年4月5日)

兵庫中央支部 米井聡 初段昇段レポート(2020年4月5日)

2020.04.17
昇段レポート

この度は昇段審査受審の機会を与えて頂き、また昇段のお許しを頂きまして誠に有り難うございました。

私が入門したのは39歳になる年の夏でした。
健康の為に運動習慣の必要性を感じ、昔から興味のあったフルコンタクト空手を始めてみたいと思ったことがきっかけです。
山田道場のホームページを見て悩んだ末に道場を見学させていただいたものの、気迫あふれる稽古の様子を見て、中年の自分に続けていけるのだろうかと不安でした。

思い切って入門し、恐る恐る稽古に通い始めた私でしたが、自分より年上の先輩方の頑張りに勇気をもらえた事は大きな励みになりました。
また山田師範をはじめ指導員の先生方の人柄や丁寧な指導、道場の明るい雰囲気などに救われた結果、ここまで続けてくる事ができました。

昇級する度に帯の色が変わる事を喜んでいたのも束の間、上級者になるにつれて審査への不安は増していき、自分の未熟さを感じていました。
中でも昇段審査の当日はこれまで以上の緊張感と恐怖にも似た不安を感じていましたが、先生方や先輩方の励ましにより無事に審査を終えることができました。
この経験はこれからの人生において大きな糧になるものと思います。

念願の黒帯を取得できた事にこの上ない喜びを感じていますが、まだまだ自分が未熟であることに変わりはありません。
師範のお話にもありましたが、黒帯取得を新たなスタートとして今後も稽古に励みたいと思います。

これほどまでに熱中できる空手との出会いと兵庫中央支部という素晴らしい道場に入門できた幸運にも感謝したいと思います。

最後になりましたが、山田師範、のぞみ先生、金森師範代をはじめ、指導員の先生方や先輩方、道場生や保護者の皆様、本当に有り難うございます。
新極真会兵庫中央支部の黒帯として恥ずかしくないよう、また後輩達の手本となれるよう、より一層精進していきたいと思いますので今後ともご指導、応援のほどよろしくお願い致します。

兵庫中央支部情報はこちらよりご確認下さい。


新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ