MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
新極真会ニュース
ホーム > ニュース > 大会情報 > カラテドリームフェスティバル2020全国大会・最終日

カラテドリームフェスティバル2020全国大会・最終日

2021.03.15
新極真会ニュース

3月13日~14日の2日間にわたり、聖地・東京体育館でカラテドリームフェスティバル2020全国大会が開催された。
本来であれば昨年7月に行なわれるはずだったこの大会だが、新型コロナウイルスの影響で延期を余儀なくされていた。今大会ではグループ別の入退場や定期的なアルコール消毒などの感染症対策を徹底し、年度内での開催に成功。コロナ禍での開催にも関わらず、総勢1885名の選手と11の団体(型)がエントリーし、新極真会のみならず諸流派からも多くの強豪選手が参戦した。
大会最終日となった3月14日は、幼年、小学生、中学生、高校生、学生、U-25の各全日本選手権が行なわれた。各年代ナンバーワンの座をかけた熱戦の模様をお届けする。

最初の第4グループは幼年から小学3年生までの組手試合が行なわれた。
中でも小学3年生男子重量級に出場した小泉空は、2018、2019と連覇を続けており注目を集めたが、三回戦で宮﨑絆守に敗れる波乱が起こった。決勝戦は準々決勝で宮﨑を破った吉倉巧翔と2019年のドリーム準優勝の喜多蒼悟の争いとなり、延長5-0で喜多が初優勝を飾った。

小学4年生から6年生までの組手試合が行なわれた第5グループも、波乱が続いた。
小学5年生女子重量級に出場した小嶋萌子は4連覇を狙ったが、二回戦で諸井陽に本戦0-5で敗れ、まさかの初戦敗退を喫した。決勝戦は諸井と勝谷梨生が激突し、約20cmの身長差を活かした上段ヒザ蹴りで技有りを奪った勝谷が本戦5-0で優勝をはたした。

2018、2019と優勝を続けている北嶋儀道は小学6年生男子重量級の準々決勝まで勝ち上がったが、原田隆之介に延長2-3で敗れ、3連覇を逃した。その原田も続く準決勝で本杉一颯に敗れ、決勝戦は本杉と成田聡の顔合わせとなった。本戦は本杉に2本の旗が上がったが、延長戦では成田が巻き返し、判定4-1で頂点に立った。

優勝候補が次々と姿を消す中、ドリームフェスティバルで幼年から無傷の4連覇を続けている鈴木成実は、小学4年生女子重量級に出場。順当に勝ち上がると、決勝戦では緑絢音と激突。試合終盤に上段横蹴りをさく裂させて技有りを奪い、鈴木が5連覇を達成した。

ラストの第6グループは、中学生、高校生、学生男子、U-25女子が行なわれた。
中学2年生男子重量級は、大会3連覇がかかる古庄正樹が順当に勝ち上がり、決勝戦では極真会館埼玉県木村道場の花香琢磨を迎え撃った。本戦終盤に突きとヒザで攻勢に回った古庄だったが、決定的な差をつけるまでには至らず、判定は古庄の2-0。延長戦はほぼ互角の展開となり、判定3-2で花香に軍配が上がった。

中学3年生女子重量級に出場した鈴木未紘は、同じ厚木・赤羽支部の田辺真凛との決勝戦に臨んだ。田辺は足を使った組手に活路を見出そうとしたものの、鈴木は体格差を活かして突きとヒザでじりじりと圧力をかけ、田辺を押し込む。そのまま本戦5-0で鈴木が完勝を収め、大会5連覇を達成するとともに、通算9度目となるドリーム制覇をはたした。

高校生男子軽中量級では、中学2年生だった2018年に3位、中学3年生だった2019年に準優勝と、ドリームの頂点まであと一歩に迫っていた細越竜之介が決勝で澤井天心に合わせ一本勝ちを収め、悲願の初優勝を飾った。

高校生男子重量級は、大会連覇を狙った三上汰明を、過去3度のドリーム優勝実績がある中島健心が準決勝で阻止。中島は畠中春真との決勝戦でも本戦5-0で勝利を収め、2018年以来となる4度目のドリーム制覇をはたした。

高校生女子中量級は、大会連覇を狙った冨村日花と、準々決勝で大会3連覇中の澤井珠朱を破った前河凜花が決勝戦で激突。両者互角の攻防が続いたが、本戦終了間際に上段廻し蹴りで技有りを奪った冨村が前河を退け、連覇を達成した。

今大会から新設された女子19歳以上25歳未満は、軽量級と重量級の2階級に分かれて王座が争われた。
軽量級は、小嶋夏鈴との決勝戦を延長判定4-1で制した桜塾の石野まことが制覇。

重量級は武立会館の鴨宮菜々花が大村優月との決勝戦を本戦5-0で勝利し、両階級ともに他流派選手が頂点に立った。

学生男子軽量級は、手島一翔と武心塾の若佐建輔がファイナルで激突。距離を詰めて突きの連打でペースを握った手島が本戦5-0で押し切り、2018年以来3度目となるドリーム優勝を飾った。

学生男子重量級は、渡辺優作と渡辺和志が揃って勝ち上がり、兄弟決勝戦が実現することとなった。兄の優作が突きを中心に攻撃を組み立てれば、弟の和志は突きと下段で対抗する。激しく打ち合う好勝負が繰り広げられていたが、和志が注意を2回もらってしまい減点1。本戦5-0で優作が兄の意地を見せて優勝をはたした。

カラテドリームフェスティバル2020全国大会・二日目結果
・二日目組手結果

カラテドリームフェスティバル2020全国大会・総合成績
・全日本団体成績
・新人戦団体成績


関連コンテンツ

ウズベキスタン支部マスタークラス
第52回全日本空手道選手権大会・初日
愛知中央支部昇級者(2021年3月7日)
オータムセール2020のお知らせ
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ