MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
代表メッセージ
ホーム > ニュース > 代表メッセージ > ワールドカップ成功に向けて

ワールドカップ成功に向けて

2013.02.01
代表メッセージ

平素は新極真会の発展に向けて、とても温かい協力を頂きまして心から感謝申し上げます。
1月13日、毎年恒例の鏡開き稽古を護国寺で行いました。極真空手を創始された大山倍達総裁が安らかに眠られる墓前で、100名を超える参加者とともに今年一年の決意を込めて精一杯の気合を寒風吹きすさぶ冬空に轟かせました。極真空手を志す者は、いつの日も極真の原点である大山総裁の魂に触れ、創始への感謝を忘れずに稽古に精進して参りましょう。

今年一年の活動は何と言ってもワールドカップを大成功に導くことに尽きます。そのワールドカップは、各階級のトーナメントを発表して戦いの火ぶたを切りました。この編成に際しては、主催国リトアニアのロマス・ヴィトカウスカス理事を日本にお迎えして、熟慮に熟慮を重ねて公平公正に作業を行いました。全選手の戦歴に基づいて客観的に力量バランスを整え、さらに地域間調整にも配慮されたトーナメントは素晴らしいものと言えます。この作業に合わせて、主催国の運営状況の報告や総本部との業務連携などの実務調整も行いましたが着々と準備が進んでいるようです。リトアニア支部においては、これから準備が大詰めを迎え、大変忙しい日々が過ぎて行くと思われます。こうした尽力に深い感謝と敬意を表すると同時に、世界各支部の皆さまの主催支部に寄せる温かい協力を心からお願い申し上げます。

選手の皆さんはこれから一層稽古に熱が入ってくると思います。どうか悔いなきよう、大会を主催して下さる方々への感謝を忘れず、一日一日、一瞬一瞬の鍛錬に全精力を注ぎ込んで空手世界一を賭けた戦いに挑んで下さい。
また、今年は2020年オリンピックに関して大きな進展があります。開催国と新たな競技種目の決定。私たちフルコンタクト空手にとっても大きな節目となることでしょう。以前にも申し上げましたように空手のオリンピック種目化に向けて、様々な方々が、様々な取り組みを重ねられています。こうした全ての取り組みに対して敬意と感謝をもって、新極真会は全方位的に積極的に協力していく所存です。的確に情報を収集して状況判断を誤ることなく、信じた道を同志とともに突き進む。私たちフルコンタクト空手にとっては、とても高いハードルではありますが、志を強く持って夢に向けて前進してまいりましょう。

新極真会代表 緑健児


新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ