世界を目指す強豪が参戦、師走の横浜が熱く燃える:第23回全関東大会


世界を目指す強豪が参戦、師走の横浜が熱く燃える:第23回全関東大会例年の4月ではなく12月の開催となった今大会だが、関東を中心に超豪華メンバーが顔を揃えた。
来年11月に行なわれる第12 回世界大会へ向けて、勢力図が見えてくる大会となるだろう。
クリスマスイブも、空手が熱い。

・大会名:第23回全関東大会
・開催日:2018年12月24日
・開催場所:横浜文化体育館
・アクセス:JR『関内』駅より徒歩5分、地下鉄『伊勢崎長者町』駅より徒歩5分。
・大会情報:神奈川東横浜支部公式ホームページ

毎年4月に行なわれてきた全関東大会が、今年は年末の12月に開催される。
本大会が掲げる「関東から世界へ」の看板にふさわしく、第12回世界大会の代表候補となりそうな強豪が多数エントリーした。
 
一般男子無差別級は、全日本大会2年連続ベスト8の湯川智仁を中心に、鈴木眞之、𠮷澤穂高、清水翔希、賀数拓海、渡辺優作、渡辺和志など関東地方の一線級に加え、関西から岡田侑己も参戦。「ミニ全日本」とも言える強力な面々が覇を競う。湯川が優勝争いの1番手となりそうだが、一回戦から実力者同士が激突するため、優勝予想は困難を極めそうだ。

湯川智仁(群馬支部)

清水翔希(千葉南支部)

𠮷澤穂高(東京城南川崎支部)

一般男子軽量級は、前回王者の飯野駿を軸に、全関東で過去に2度の準優勝がある武心塾の木下毅顕、今年の全オーストラリア大会を制した志村朱々璃、ドリームフェスティバル王者の木下武己、堀江俊明、手島一翔、神原詠二など、若手を中心に全国から楽しみなメンバーが揃った。

飯野駿(東京城南川崎支部)

木下毅顕(武心塾)
 
女子重量級は、全日本大会の巻き返しを図る荒木千咲、全日本で躍進をはたした目代結菜、軽量級ながら重量級に挑戦する手島海咲、長谷川真美などが顔を揃え、軽量級は小嶋夏鈴や谷口亜翠佳などがエントリー。

荒木千咲(福岡支部)

目代結菜(東京城南川崎支部)

世界大会の最終選抜戦となる来年5月のJFKO全日本大会を占う意味でも、今大会は重要な意味を持つ
ことになる。ハイレベルな関東を制し、世界へ名乗りを上げるのは誰だ。

大会主催者:木元正資(神奈川東横浜支部支部長)
「一般男子無差別級は、第48・49回全日本大会で2年連続ベスト8に入賞した湯川智仁選手を筆頭に、前回王者の清水翔希選手、第6回世界ウエイト制日本代表の𠮷澤穂高選手、岡田侑己選手、全関東大会準優勝5回の鈴木眞之選手、全北陸大会2連覇をはたした賀数拓海選手、伸び盛りの渡辺優作選手、和志選手兄弟など、全員が優勝候補と言っても過言ではないほどハイレベルなメンバーが揃いました。
軽量級は前回王者の飯野駿選手が軸となりそうですが、他流派の木下毅顕選手やドリームフェスティバル王者勢など実力者が多く、先が読めません。
女子も、荒木千咲選手や目代結菜選手といった全日本クラスの強豪が参戦します。
ここで結果を残して、ぜひ来年の世界大会へ羽ばたいてもらいたいと思います。」

前回大会の一般上級各階級決勝戦 ※軽量級決勝は不戦試合

神奈川東横浜支部
支部長/責任者:木元正資
連絡先住所:神奈川県横浜市神奈川区神奈川2-14-17
高島ビル2F
電話番号:045-453-5401
神奈川東横浜支部ホームページ

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0