東京城南川崎支部 澤井天心 初段昇段レポート(2019年10月14日)


東京城南川崎支部 澤井天心 初段昇段レポート(2019年10月14日)この度は、昇段審査を受けさせていただき誠にありがとうございました。
また昇段をお許しいただきありがとうございます。

僕は小学2年生の時に新極真会東京城南川崎支部に入門させていただきました。
きっかけは気が弱かった僕をお父さんが道をつくものを習わせ、自分1人でも生きていけるようにと入門させてくれました。

始めは試合に出ても負けてばかりでしたが、少しずつ勝てるようになり空手が楽しいと感じました。
試合に勝つにはきつい練習を真面目に取り組むことが必要だと知り、なにかを掴み取るには人一倍に努力する必要があることを知りました。

空手では、礼儀や仲間の大切さ、痛みを知ったからこそ人に優しくなれることを知ることができました。
普段の生活では、歳上の先輩方やシニアの方とはあまり関わることがないですが、空手を通して沢山の人と知り合ったことで、今まで自分が生きていた世界はほんの一部でしかないんだとわかり、自分の世界が広がった気がします。

入来師範を始め沢山の方々に支えてもらえなければここまで来ることはできませんでした。
これからは、少しでも多くの恩を返せるようにしていきたいです。

新極真会の黒帯は筋金入りの人だ、どこにいっても恥ずかしくない人材であるんだ、と師範がおっしゃってました。
僕もそれに恥じないよう、これからますます気合を入れて稽古に励みたいと思っています。

この度は本当に昇段審査を受けさせていただき誠にありがとうございました。押忍

※東京城南川崎支部情報はこちらよりご確認下さい。

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0