神奈川東横浜支部 髙崎健人 初段昇段レポート(2020年3月22日)


神奈川東横浜支部 髙崎健人 初段昇段レポート(2020年3月22日)この度は、新型コロナウィルスで社会的制約がありながら昇段審査を受けさせて頂きありがとうございました。

20数年前に木元道場の門を叩いてから、白帯を締めながら色帯の先輩方と組手がとても恐ろしく稽古に今日は行こうと決めていても家を出る直前で何度も止めてしまったのが懐かしく思い出されます。
しかし一旦道場にきてしまえば木元師範や先輩、仲間たちといい汗をかきながらいつも爽快感を感じ、空手って本当に楽しいなと感じてました。

仕事が忙しく、なかなか道場に来れず試合などにもなかなか出られる状態に無かった時にはm黒帯など夢のまた夢のように思っていました。
しかし、間があいても空手を辞めずやり続ければ必ず目標まで辿り着けると実感しました。

今回の昇段を機に、新極真会の黒帯としての誇りを背に他の道場生にも夢を与えられるよう一層修行していきたいと思います。

この度はありがとうございました。

※神奈川東横浜支部の情報はこちらよりご確認下さい。

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0