神奈川東横浜支部 塚原伸一郎 初段昇段レポート(2020年3月22日)


神奈川東横浜支部 塚原伸一郎 初段昇段レポート(2020年3月22日)この度の昇段審査にて初段に合格する事ができました。

まずは10年間に渡り、北山田道場で直接稽古をつけていただいた木元師範、その後北山田道場を引き継いでいただき、審査合格のために徹底的に型と移動稽古をつけていただいた喜田師範代、審査に合格するために一緒に切磋琢磨した北山田道場の仲間達に感謝いたします。
本当にありがとうございました。

思い返せば、自分と新極真空手の出会いは故郷の北海道札幌市でした。

外舘道場に入門したのは約14年前の話になりますが、それまで持っていた暗く恐ろしい極真空手のイメージが、新極真会の明るく開けた道場の雰囲気、指導員の良い人柄で一変したのを昨日の事のようによく覚えています。

3年ほどして自分が転職で横浜に移住する事になったとき、外館師範から木元道場を紹介していただいた事が新極真空手を続ける事が出来たご縁だったと思っております。

偶然にも自分が移り住むために選んだ街に新極真会の道場があり、しかも木元師範が直接指導をされていたという偶然に大変驚きました。

自分の参加する平日夜は師範から直接稽古をつけていただく事も多かったので、いろいろな思い出がございます。

当時エアコンの無かった道場は真夏にはとんでもない暑さとなりましたが、そこで延々と続く掛け組手で相当体力と精神力が鍛えられました。
また、60歳を超えても現役バリバリの選手のようにその掛け組手に参加される師範を見て、自分も随分勇気づけられました。

師範の「前に出ろ!前に!」という言葉が今でも心に残っております。
また、当時北山田道場の指導を担当していた長尾指導員には組手の面白さと奥深さを教えていただき、その年はほぼ毎回2連続で稽古に参加しておりました。

試合の結果にはまだ結びついておりませんが、その年の努力賞を受賞出来た事は今でも誇りに思っております。

昇段審査前は特に型と移動稽古に力を入れておりました。
同じタイミングで審査に臨む仲間とお互い励ましあいながら稽古が出来たので、絶対的な自信を持てるレベルまで引き上げる事が出来ました。

以上のように様々な方のご指導、ご協力によって審査に合格する事が出来ましたが、まだあくまで初段、空手道はこれからが始まりだと思っております。

自身のレベルアップはもちろん、今後は自分の為だけではなく、道場と仲間の為の空手という側面が出来ましたので、今後ともより一層精進して極真の道を全うしたいと思う所存でございます。

今後ともよろしくお願いいたします。押忍
          

※神奈川東横浜支部の情報はこちらよりご確認下さい。

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0