アフガニスタン中部地区強化稽古


アフガニスタン中部地区強化稽古日時:2020年10月2日
場所:アフガニスタン、バグラーム
主催:WKOアフガニスタン支部(アバシン・シンワリ支部長)

 アフガニスタン中部地区トレーニングキャンプが10月2日にアフガニスタンのパルヴァーン県バグラームにて開催されました。招待に応じて2つの地元支部からの参加者も加わり、合計60名が午後2時から6時まで、組手、基本、試割の稽古を行いました。
 稽古中、アバシン・シンワリ国代表が、新極真空手の重要性と、その心得、理念と精神を含めた歴史について語り、参加者たちがそれぞれの支部道場でこの教えを広め、空手の普及に努めるよう激励しました。
この強化稽古は、アバシン・シンワリ国代表が主催し、ハビブウル・ラフマン・アディル先生およびオバイドゥラ・アティカン先生の両道場長の協力で行われました。

Afghanistan Central Zone Training Camp

Date: October 2, 2020
Place: Bagram, Afghanistan
Branch: WKO Afghanistan (Branch Chief Abasin Shinwari)

 Afghanistan Central Zone Training Camp took place on 2nd October in Bagram of Parvan Province. In response to the invitation, two provincial branches joined, and a total of 60 Karatekas trained Kumite, Kihon, and Tameshiwari from 2:00 to 6:00 pm.
During the training, Afghanistan Country Representative Abasin Shinwari talked about the importance and the history of Shinkyokushin Karate, including its ethics, spirit, and principles, and encouraged the participants to promote Karate and share the knowledge in their branch and dojo.
The training was organized by the Country Representative Abasin Shinwari and assisted by Sensei Habibur Rahman Adil and Sensei Obaidullah Atikan, both WKO official dojo managers.

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0