コロナ対策のガイドラインについて(5/24追記)


当会では「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」の提言(5月1日)を受けて「フルコンタクト空手道場運営の感染対策ガイドライン初版(5月2日)」を作成し、約1週間の内部運用による意見交換を踏まえて改訂(5月9日)を行ないました。
今後、同会議の提言(5月4日)を踏まえて、医療関係者の監修によって改定を加えながら感染リスクの極小化を進めてまいります。
全国の支部道場では、地域の感染状況や使用施設の状況に応じて、本ガイドラインの管理項目を段階的に実施してまいります。
会員や保護者の皆さまが安心して稽古を再開していただくために、可能な限りの対策を研究し、実施して皆さまのご参加をお待ちしております。

(5/24追記)
本ガイドライン(5月9日更新版)でお伝えしているものは、感染症と社会状況が「緊急事態宣言が解除され、外出規制の緩和や少人数集会の開催が一部認められている。3つの密は厳守、県をまたぐ移動は自粛する状態」にある段階「高警戒レベル」に適用していくものです。
今後、感染症の警戒レベルが緩和される過程において、各段階(中警戒、予防警戒)のガイドラインを追加してまいります。

フルコンタクト空手道場運営の感染対策ガイドライン改訂(5月9日)

Guideline and measures aimed to prevent coronavirus (COVID-19) infection
The WKO Japan Region drew up a guideline for the management of Full Contact Karate dojos with measures aimed to prevent coronavirus (COVID-19) infections, based on the content discussed at the series of meetings held between the Japanese government and related experts. The original draft made on May 2 was tested internally, and after an exchange of ideas, the document was updated on May 9.

The document will continue to be updated, based on the content announced by the government and related sectors, and the supervision of medical experts, in order to minimize the risk of infection. The dojos in the WKO Japan Region will carry out the tasks in the guideline in stages, based on the infection rate and situation of the facilities in the area and branch.
We will continue our research and carry out the necessary preventive measures so that students and family members can restart their training with a positive attitude and mindset.

Guideline for Managing Full Contact Karate Dojos

kFgqXjeBzEhX1CrlJi3FidPdnmuJL0