MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 大阪阪南道場 真鍋光太郎 初段昇段レポート(2013年3月24日)

大阪阪南道場 真鍋光太郎 初段昇段レポート(2013年3月24日)

2014.01.10
昇段レポート

昇段者レポート

この度は、昇段審査の機会を与えて頂き、本当にありがとうございました。

僕が空手に入門したのは6才の時です。
入門のきっかけは、僕が小さい時に、気が弱くて体も小さかったっということで親が、
「お前は弱いから空手でもやるか?」と言われ、ちょっとやってみようかなという軽い気持ちで入門しました。初めは同年代の方も多く、みんなが白帯でしたが、僕の友達や先輩は僕より帯の進む早さが早くて、僕は置いてけぼりでした。僕はとても悔しくて、お父さんと毎日厳しい練習の日々でした。

でも厳しい練習をやっていく日々に、僕は日に日に強くなっている感じがしました。
僕は道場で、ふと気が付いたら道場で、帯が一番上で、先頭にたっていました。

そして、初めての試合で僕は、緊張と言うものを知り、僕は練習の時と違い全く体が動かなかったのです。そして、初めての試合は一回戦負けでした。
僕はとても悔しくて、泣いてばかりいましたが、そんな時お父さんが、
「次があるやろ?リベンジしたれ」と言われ、その悔しさをバネにいかして、ものすごくしんどい日々の練習の毎日でした。だんだん自分が成長していくのを感じ、僕はものすごく、空手が大好きになっていきました。

そして、再び試合のときがきて、僕はまた緊張していましたが、お父さんが「練習した通りにいけ」と言われ、僕はものすごく自信に満ちていました。
僕はその試合で準優勝することができました。
「やればできできるのだ」ととても嬉しく思い、僕はまた大きな一歩を踏み出すことが、できました。

それから「もっと強くなりたい」と思い、上級クラスにも挑戦しましたが、上級クラスには、強い人がたくさんいまして、簡単には勝てませんでしたが、悔しさをバネにいかして稽古に取り組みました。

試合の時がきて、僕はずっと心にむかって「練習したことを出せばいいんだ」
と心に言い聞かせましたが、結果はベスト8でした。
僕はその時、心が折れましたが、「お前は頑張れば、絶対にチャンピオンになれる」
と師範代に言われ、僕は期待に応えて「やればできる」と言い聞かせ、次の大会では、
優勝することができました。

僕はそれから、色んな人と戦いたいと思い、その時在籍していた空手を退会し、小学6年生の時に新極真会に入門しました。僕は大阪阪南道場に通い始めましたが、大阪阪南道場は有名でとても強い選手がたくさんいました。
僕は、とても不安でした「阪南道場でついていけるかな?」
と思っていましたが、岸田先生、先輩方、友達が僕に声をかけてくれたり応援してくれたりしてくださったおかげで、僕は段々不安がなくなり、少しづづ道場になじんできまして、週4回の稽古に精を出して、頑張っていくことに決めました。

中学2年生の時に、空手ドリームカップに出場することにきめましたが、今までの大会の体育館の場所は、車で行ける範囲でしたが、今回は東京で開催されます、費用もかかりますので、僕は負けられないという、プレッシャーを持ち出場しました。
僕はドリームカップで見事三位に入賞することができました。
僕はとても嬉しくて、今まで以上に自信がつきました。

それからユースジャパンにも選ばれ、僕は成長していくのを感じ、さらに上の目標を、目指す事に決めました。
そして高校一年生の時に、岸田先生に昇段審査の許可をもらい、いつも以上に頑張り、毎日ランニングや、基本稽古、移動稽古、型稽古、補強稽古を欠かさずがんばりました。
無事十人組手も最後まで、諦めずに頑張り、黒帯を取得する事ができました。

黒帯になれたのは僕一人ではなく、岸田先生、大阪阪南道場の皆様、先輩方、友達、後輩の支えがあったからです、本当にこの度はありがとうございました。
自分の帯に恥じないように、より一層努力、精神し、一人でも多くの人に、新極真空手の、素晴らしさを伝えて行きたいと思います。

押忍。

大阪阪南道場
支部長/責任者:緑健児
道場住所:大阪府阪南市尾崎町511
電話番号: 072-479-7010
大阪阪南道場ホームページ


新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ