MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 長崎支部 中村臣作 参段昇段レポート(2015年11月7日)

長崎支部 中村臣作 参段昇段レポート(2015年11月7日)

2016.01.06
昇段レポート

この度は、参段の昇段審査を受けさせて頂き誠にありがとうございました。

思い起こせば、自分が入門した道場の黒帯の先輩方は皆、「弐段以上」、「県大会入賞経験者」の強い方ばかりだったので、先輩の記録を目標に頑張ってきました。

 
2007年に弐段をお許し頂き、その目標を達成し、大会出場を引退し、その後は尊敬する先輩をみて感じる以下の3項目、「稽古をしっかりしてること」「道場で先頭に立ち指導的立場であること」「行事の時、先頭に立ち皆を導く存在であること」を意識して活動してまいりました。

そしてこの度、山田師範より参段受審のお話を頂いた時は、大変名誉のことで感激致しました。

参段といえば長崎支部の中でも、技量・人格抜群の特別な方がなるもので、自分がなるとは考えてもいませんでした。
お話を頂いただけでも、この上なく光栄でありがたく思いました。

型の審査も一段落し、審査のメインと言うべき30人組手の時は、県内各道場の皆さんはじめ、県外在住の方も駆けつけて頂き、組手の相手、応援、サポートと多いに盛り上げて頂き、最高の雰囲気の中で実施することができ感謝する限りであります。

組手自体は自己評価的には、思うように動けず60点ぐらいな感じでした。
自分が満足するのはもちろんのこと、後輩から見て「先輩凄いな!長崎で頑張ればあんななれるんだ!」と、安心して稽古に打ち込めるような気にさせてやりたかったんですが…、そんな思い通りには行かないのが世の常といったところでした。

皆様方の応援、お力添えのおかげで何とか完遂させて頂き、誠にありがとうございました。

この度、審査を受けさせて頂き感じることは、好きなことを長く続けて来られて、今、目標としていた地点以上のところに導いて頂けてる幸福感です。
これは山田師範始め、諸先生方、皆様のご指導及びすばらしい場を作って頂けてるおかげだと感謝致します。

今後も長崎支部山田道場、ひいては新極真会発展の為はもちろん、自分が山田師範始め皆様に幸福に導けて頂けたよう、自分も他者を幸福に導ける人間になれるよう精進していく所存であります。

これからも宜しくお願い致します。押忍

昇段審査_3

長崎支部
支部長/責任者:山田政彦
連絡先住所:長崎県諫早市川内町173-5
電話番号:0957-24-1323
長崎支部ホームページ


新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ