MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 岡山市北道場 井上達二 五段昇段レポート(2019年11月20日)

岡山市北道場 井上達二 五段昇段レポート(2019年11月20日)

2019.12.15
昇段レポート

このたびは、昇段審査を受けさせていただき誠にありがとうございました。

大学時代に高知支部三好道場に入門してから35年以上の月日が流れました。
空手歴は長くなっても己の空手道の技量を表せば「不足」の一言なのですが、日頃から道場生には何事にも挑め、挑めと言っており、自分も力を試すことが大事と考え、挑戦させていただきました。

今回は世界空手セミナ-でのWKO昇段審査会です。
三好師範、奥村師範から叱咤激励を受け、審査前日の稽古から気合を入れて臨みましたが、緑代表直々の基本稽古から息が上がり、「これは最後までもつかなあ・・・」と正直弱気になりました。

その後、審査受審者のための外舘師範の稽古では、基本・移動・型について、懇切丁寧にご指導いただきました。予定の時間を過ぎ夜遅くまで、小林師範、木元師範も来られ居残った日本人受審者3名のためにマンツーマンで稽古をつけてもらったのも今となっては良い思い出です。

稽古不足は否めず、あれこれ考え、眠ることが出来ず朝となり、審査当日を迎えました。落ち込む気持ちを鼓舞し午前中の審査に挑みました。基本・移動・型・体力と無我夢中でした。内容は満足するものではありませんが、なんとか乗り切ることが出来たのは励ましてくれました支部長の皆様方のおかげです。

午後の組手の審査では、今回5段受審者で日本人は自分だけだったので相手は全て外国人受審者でした。
おじさん同士で、どつきあいましたが力の強さに驚きました。

終わった後の握手・抱擁で言葉は通じませんが気持ちは通じました、感謝感激。

また、一緒に審査を受けたヴァレリー選手たち世界戦士の心身の強さには驚嘆しました。
今回の合宿・審査で、あらためて新極真会の素晴らしさ、団結力の強さを感じました。
今後はこの組織の一員であることに一層の誇りを持ち、精進いたします。

変わらぬご指導、ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。 押忍

※こちらで掲載している昇級者氏名は、支部道場より頂いた昇級者データを参照しています。
岡山市北道場情報はこちらよりご確認下さい。


関連コンテンツ

世田谷・杉並支部 宮内亮治 初段昇段レポート(2020年9月6日)
滋賀中央支部 浜田登 初段昇段レポート(2020年12月6日)
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ