MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 徳島西南支部 福島彩羽 初段昇段レポート(2020年11月8日)

徳島西南支部 福島彩羽 初段昇段レポート(2020年11月8日)

2021.02.01
昇段レポート

この度は、昇段審査を受けさせていただき、ありがとうございました。

私は兄が幼い頃から空手を習っていたので、よく稽古の見学をしていました。
見学をしているうちに空手に興味を持ち始め、また、両親の勧めもあり、小学3年生の時に徳島西南支部に入門し、空手を始めました。
 
最初は兄や友達など知り合いがいることもあり、緊張感があまりない稽古をしていました。
しかし、初めての大会で初戦敗退という悔しい経験をし、真剣に稽古に励むようになりました。

空手を真剣にするようになってからは、逢坂先生や武田先生を初め、沢山の方々にお世話になりました。
 
それからたくさん大会に出ては1.2回戦目で負けてしまい、結果を残せずにいました。
それでも悔しい気持ちを糧に頑張ろうと思えたのは、逢坂先生の教えや良きライバルの存在があったからです。
大会で勝つためのハードな稽古や自主練習もライバルと切磋琢磨することで苦になりませんでした。
 
初めて入賞したときは、とてもうれしかったことを覚えています。
入賞してトロフィーやメダルを持って帰れるときは今までの努力が形になって帰ってきたような感じがして増えていくたびに頑張ろうと思いました。
 
そんな私も高校生となり、学校や部活が忙しくなり、コロナウィルス対策のために道場を閉めていたこともあって空手に行く機会が減っていました。

そんな中での昇段審査や十人組手は想像以上に大変でした。
しかし、私は私の全力を出すことができたと思います。
 
最後になりますが、これまでご指導してくださった逢坂先生、先輩方、応援してくださった道場生・保護者の皆様、本当にありがとうございました。
 
これからもよろしくお願いします。押忍

※徳島西南支部情報はこちらよりご確認下さい。


関連コンテンツ

徳島西南支部 小林優那 初段昇段レポート(2020年11月8日)
福井中央支部 髙井良壽 初段昇段レポート(2020年11月1日)
南大阪支部 杉本虎太郎 初段昇段レポート(2020年10月11日)
大阪北支部 難波凌大 初段昇段レポート(2020年11月3日)
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ