MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 江戸川道場 嶋田慎吾 初段昇段レポート(2021年3月28日)

江戸川道場 嶋田慎吾 初段昇段レポート(2021年3月28日)

2021.05.25
昇段レポート

この度は、昇段審査の機会を与えて頂きありがとうございました。

空手を始めたのは小学5年生の夏でした。
1年間稲村先生の砂町道場で稽古をさせていただき引っ越しを機に葛西道場に移籍しました。

最初のうちは慣れないことなどたくさんありましたが遠田道場長や周りの仲間の助けなどもあり、練習について行けるようになりました。
練習の中で苦しいことも辛かったことも辞めたいと思ったことも多くありましたがそれでも先輩方や、一緒に練習してきた仲間たちに追いつきたいという思いと家族の応援もあり諦めずに続けることができました。

遠田道場長から昇段の許しを受けた時はとても嬉しかったです。
それと同時に黒帯になるというのはとても責任の重いことだということにも気づきました。

審査当日は、今まで練習してきた基本、移動、型をきちんとできてよかったです。
10人組手では黒帯の先輩方に相手をしてもらいました。

3人目から苦しくなりましたが、周りの応援もあって完遂することができました。
それと同時に自分の未熟さにも気づけました。
これからは黒帯に恥じないようにより精進します。

昇段にあたって色々ご指導してくださった先生方、一緒に練習した仲間たち、そしていつも応援してくれる家族、本当に感謝しています。
『人は一人では生きられない』という遠田道場長の言葉がとても胸に沁みました。

空手を通じて数多くのことを学びました。
忍耐すること、人の痛みを知り思いやりを持つこと、そして何事にも感謝を忘れない気持ちは一生忘れません。

空手を始めたときに決めた目標である黒帯。
今回審査を受けさせていただいたこと、指導してくださった先輩方、十人組手の相手をしてくれた先輩方ありがとうございました。

黒帯という目標は達成できましたがまだまだ未熟者ですので今まで学んできたことを生かしさらに稽古に励みます。

最後になりますが今まで指導してくださった遠田道場長、先輩方、仲間達、支えてくださった家族に感謝しています。

ありがとうございました。押忍

※江戸川道場の情報はこちらよりご確認下さい。


新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ