MENUCLOSE
OSU-NET お問い合わせ
ニュース
昇段レポート
ホーム > ニュース > 支部ニュース > 昇段レポート > 岐阜支部 小林汐音 初段昇段レポート(2021年6月20日)

岐阜支部 小林汐音 初段昇段レポート(2021年6月20日)

2021.07.16
昇段レポート

この度は、昇段審査の受審及び昇段をお許し頂き、誠にありがとございます。

私が岐阜支部に入門したのは5歳の時、今年で約13年目になります。
当時は自分の意思で始めたものの、空手に対しての情熱は薄く、試合で結果を出すこともなく、ただ時間だけが過ぎていきました。

中学3年生の時、ドリームフェスティバルを最後に空手から離れ、受験に専念しようと考えました。
しかし、結果は秒殺され敗北。とてもやりきったと言える試合内容ではありませんでした。本当に悔しかったのを今でも覚えています。

このまま終われば絶対に後悔する。
中途半端なまま辞めたくないと思い、続けることを決心しました。

高校生になり、周りの帯の色も次々と変化していく中、自分は黒帯に憧れる反面、昇段のお許しを頂くまでの自信がなく「まだいいや」と自分の弱さから逃げることしかできませんでした。

そんな自分の姿が悔しく、家族の協力の下、自宅でのトレーニングも初め本気で空手と向き合うようになりました。
師範から昇段審査の許可を頂けた時は、不安もありましたが、とても嬉しかったです。

審査当日、コロナ禍ということで、なれない環境にあったものの、会場のスタッフの方々のサポートもあり、自分の力を全て出し切り、無事にやり遂げる事ができました。

私が13年間空手を続けてこられたのは、久野師範をはじめ、ご指導してくださった先生方や、道場生の仲間、家族の協力や理解があってのことだと思っています。本当にありがとうございました。

これからは黒帯としての自覚と責任を持ち、これをゴールとするのではなくまた1から再スタートし日々精進して頑張っていく所存ですので、今後とも、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

※岐阜支部の情報はこちらよりご確認下さい。


関連コンテンツ

岐阜支部 久野久美 弐段昇段レポート(2021年6月20日)
和歌山支部 濵中秀明 初段昇段レポート(2020年10月4日)
大阪北支部 正岡実桜 初段昇段レポート(2020年11月3日)
岐阜支部 服部巧 弐段昇段レポート(2020年11月15日)
新極真会について 新極真会で心極める
新極真会への入会者募集中 入会希望者の方へ